2006年7月17日 (月曜日)

ババロア作りました

とうとう作りました。
ババロア。
今日は誕生日というのに何やってるんだろ…
一応、誕生日ケーキの代わりってことで…



この前、『天使のババロア』を食べたので、今回は『○○のババロア』と呼べるようなババロアを作ろうと思ったんですけど、これがなかなか決まらず。どうしようもなかったので手っ取り早く、

『カッパのババロア』

ということで緑色したババロアを作ってみることにしました。前に書いた日記で何となく期待させるようなこと書いた気がするけど、結局、普通なものに収まりました。


緑のババロアといえば、パッと思いつくのがキウィのババロア。でも、これだとうっすらとした緑色にしかならないと思ったので、結局、抹茶のババロアを作ることにしました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

とりあえず、以下レシピです。

【材料】

 [A]
  冷たい水道水(名古屋)   …大さじ3
  粉ゼラチン           …5gぐらいだったような
 
 [B]
  砂糖              …25gぐらい
  抹茶              …小さじ1.5杯でちょっと苦いくらい
 
 卵黄                 …2個分
 牛乳(賞味期限が当日のもの)  …100ml

 [C]
  生クリーム           …1/3カップ(といってもわからなかったので、適当に50mlぐらい入れてみました)

【作り方】

1. Aの冷水に粉ゼラチンを入れてふやかしておく。
  Bはダマがないようによく混ぜ合わせておく。
  (ここで味見したらおいしかった。)

2. ボウルに卵黄を入れてほぐし、Bを加えてよく混ぜる。
  トロトロになったら、沸騰直前まで温めた牛乳を少しずつ加えて
  混ぜ、厚手の鍋に移す。
  (ババロアのベースが卵黄だったとは意外だなって思いました。
  ババロアってコレステロールが高い食べ物なんですね。
  見た目によらず恐ろしい食べ物?)

3. 2を弱火にかけてそこからかき混ぜながらとろみをつけます。
  (と、書いてはありましたが、トロトロにならなかったのでここは
  適当に混ぜときました)

  とりあえず、火が入りすぎると分離するので注意する。

4. 火を止めて1のゼラチンを加えて余熱で溶かしてボウルに入れ
  る。
  氷水で冷やしながら混ぜて、トロミが付いたら7分立てにしたCを
  あわせる。
  (ここでもトロミが付かなかったので、ちょっとゼラチンの粉を入れ
  て微調整)

5. 型に流しいれて、冷蔵庫で冷やして固める。


これで一応、完成。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

そして、できたのがこれ。



P7160228



写真映りが悪くて、色も実際はもっときれいで、春の若草のような色なんですけど。でも、ちゃんと形はできててブリンブリンしてました。

そのままでは抹茶の味が強くて苦いだろうと思って、中和するために抹茶に合うようなソースをかけて食べようと考えた結果が、『黒ゴマソース』。黒ゴマの芳醇な香ばしさと抹茶の苦味、それにちょっと甘みをつけてあげれば、甘さ控えめの大人のお菓子、和風なババロアができるんじゃないかと。これだったらお年寄りもおいしく食べることができる。でも、実際はソースというよりかはただの黒ゴマの塊で、こんな感じになりました。もっときれいに飾り付ければよかったけれど、センスがないので。


P7160246

後で考えたら黒ゴマと余っていた生クリームをあわせて少しトロミをつけてあげれば、ちょうど良かったかなと。でも、これでもかなりおいしかったし、自分で作ったとは思えないくらい。てきぱきとやれば作業自体はほんの30分もかからないくらい、簡単なものでした。これでまた一つ、自分のレシピの数が増えました。



[B]の部分で抹茶の代わりに他のものを入れるだけで、いろんな味のババロアができるみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日曜日)

亀田3兄弟

ただいま研究室にいます。晩御飯中です。

日曜だけれど、最近気が抜けがちだったので自分を戒めるために心を鬼にして今日は研究室に泊まろっかなぁというくらいの勢いです。明日までに実験の準備をしなければならないほかのメンバーもがんばっているので彼らと一緒に今晩はがんばるつもりです。

机の上のパソコンに向かっていろいろやってたら、友達が、

「飲む?」

と言ったので、振り返ったらビール瓶を片手に持って立っていました。そのときはまだ夕方5時ぐらい。まだまだ酒を飲むには早すぎる時間だったけど、せっかくのお誘い、せっかくの日曜だったので飲みました。2杯飲んだところで体も顔もまっかっか。だけどしばらくの時間ビールの見ながら友達二人でちょっとした話ができて楽しかった。ホントはいけないんだけどね。

ちゃんとつまみもありましたよ!今日、ちょうどコンビニで見つけたこれです。

Pop01a_1
Pop02a
Pop03a

亀田製菓さんから発売中です。

これはいい携帯食。ちょうど3種類なので、まさに亀田3兄弟です。

ホントのところ、これを食べながら研究室で『フライトプラン』見ようと思っていたけど、一人で食べるよりは何人かで話をしながら食べたほうがいいのでつまみとなりました。100円という安さでお手軽な食べ物。いざ作ってみるとパッケージの大きさよりか何倍も膨れ上がって一人では食べきれないくらいの大きさでした。今日はうす塩味とバター味を試しました。塩味は普通でバター味はただ塩味を抜いただけのような感じで、ちょっと損した気分。あとバニラ味があったけれど、ちょっと味が予想できなくて怖かったのでやめました。

誰か試してみて!!



明日は『天使のババロア』に出会う予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木曜日)

材料調達

ティラミスの材料を今日、すべてそろえました。

前回のデカプリンではちょっと材料をケチって安いものを使ったので、味がいまいちだったので、今回のティラミスではいい物を使うことにしました。といっても、メインの材料のチーズ(マスカルポーネチーズ)だけなんですけど。

必要な材料は、

・マスカルポーネチーズ
・卵黄
・卵白
・グラニュー糖
・フィンガービスケット
・リキュール(カルーア)
・エスプレッソ

といったところ。これを適当に混ぜればできるかなという感じです。まだ詳しい作り方を知らないけれど、たぶん何とかなるかな。一応、作る予定のティラミスはイタリア北部のの家庭菓子らしいです。フィンガービスケットがティラミスの土台のようなものになるらしくって、これはスポンジケーキとかカステラでもいいみたいです。

リキュールはほんのちょっとしか使わないのに少し大きめの瓶に入ったものを買ってしまったので、作った後の処分が問題です。でも、ミルクと混ぜるだけでカルーアミルクになるようなので、気が向いたときにチビチビと消費していこうかと思います。

一番困ったのは、エスプレッソでした。よくスタバとかで飲んではいるけれどエスプレッソを準備しろといわれて、どうしたらいいのか迷いました。とりあえず家にあるインスタントコーヒーで間に合わせようと思います。

気が向いたら明日作る予定です(何人分になるかはわかりませんが…)。




(マスカルポーネ)

(リキュール)

(フィンガービスケット)

| | コメント (0) | トラックバック (0)