« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月20日 (月曜日)

よく燃えてました

今日のお昼、社員食堂でチラッと見たテレビの画面に驚愕。

飛行機が燃えとる

しかも、那覇空港って

最初は、場所が場所だけにとうとう日本もテロられたかなと

思ったけど、どうやら事故みたいで。

着陸か離陸の失敗かと思ったけど、どうもそれも違うみたい。

乗客はみんな無事のようで。





それにしても、燃えている飛行機の翼だけを見て、どの機体かが

わかった自分は、日々の仕事の賜物かと思いました。

かといって、マニアじゃないんだけど…

ちなみに、今日燃えてたのはB737っていう機体。

たぶん、1960年代から生産されてた機体で、今日燃えてたのは

B737の中でも結構、新しい方の機体、B737-700だと思います。

全日空で、幸せを運ぶ飛行機って呼ばれてる、ゴールデンジェットも

同じ機体なんですが、知ってる人いるかな。

翼の端にクリッと曲がってるようなもんが見えたと思いますが、

あれはウイングレットっていって、あれがあるのとないとで燃費が

変わるらしいです。

この機体の特徴って言えるかも。

ちなみに、うちの会社で作ってたような、見たような気がします。






今日燃えてた飛行機は、チャイナエアラインっていう航空会社の機体

らしいですね。

前々から中国系の航空会社は危なさそうだなって思ってましたが、

今日のニュースを見て、さらに確信を持ちました。

ちなみに、名古屋と福岡空港の両方で離陸か着陸を失敗したのも

中国系の会社だったような。

昔聞いた話では、中国の国内線では、



「白い煙が出てると大丈夫で、黒い煙が出てると危ない」



っていうウワサがあるなんてこと聞きました。







飛行機に乗るときはできるだけ安全なものに乗りたいです。

飛行機は乗り物の中でもっとも安全な乗り物で、事故にあう確率も

とても低いんですが、事故にあったら最期、間違いなく逝ってしまい

ます。

そこで、ちょっと知っておくといいかもしれないのが、



「危ない航空会社ランキング」



たぶん、年に1度、Newsweekというアメリカの雑誌(日本語版もあり)

で特集されてるんですが、それによると世界で安全な航空会社

Top10は、こんな感じ。




 1位 bmi(旧ブリティッシュ・ミッドランド航空)
 2位 フィンランド航空
 3位 ルフトハンザ・シティライン
 4位 トランスステーツ航空
 5位 ライアンエア
 6位 イージージェット
 7位 エアウィスコンシン航空
 8位 KLMオランダ航空
 9位 ニュージーランド航空
 10位 ポルトガル航空




ルフトハンザは去年ドイツに行ったときに乗りましたが、機内は

ホテルかと思うくらい豪華で、10時間近く飛んでましたが苦に

ならないくらいゆったりしてました。去年は1位だったんですけど、

今年は12位に落ちたようです。

このランキング、あてになるのかわからないんですが、一応、

参考に。

ちなみに、日本の主要航空会社は、

エアーニッポンが38位で、全日空が43位、JALは52位だそうです。

チャイナエアラインは何位だったかな

ランキングが低い航空会社の中には、軍上がりの人が就職して

パイロットをしていることが多いらしくって、ここぞというときの

危機回避能力は普通の航空会社よりも高いそうです

ここぞっていうのはできれば、ない方がいいんですが(;´д`)ゞ





飛行機の安全性については、まだまだ奥が深くて、そのうち

どこかで書きたいと思います。

長文読んでいただいて、ありがとうございました。

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »