« 本日 | トップページ | 入ってしまった… »

2007年3月29日 (木曜日)

学生であるうちに…

卒業式を迎えたその夜、たくさんの友達としばらくのお別れのつもりで一緒に呑みに行きました。

ちなみに、卒業式は開始時間がわからなかったので、行ってません。

でも、これで学生生活も終わりなんだと思うと心にぽっかり穴が開いたような、なんともいえない寂しさ。








飲み会には何人かの卒業生とともに、今春から大学に入学予定のまだ高校生の子も何人かいました。

出て行く者と、入って来る者。

僕とその子らの間には約6年間の隔たり。

僕も6年前はこんな感じだったかな、もう一度初めからやり直せたらもっと楽しい学生生活を送りたい。

というか、送りたかった…

学業に、アルバイトに、その他プラーベートな付き合いやさまざまなイベント。

いろいろやりました、熱心に何でもやりました、燃え尽きました。

そう思う、そうであるはず。

でも、何だろう、この空虚感は。

まだまだやりたいことあったのかな、まだまだいろんなことできたのかな?

何となく、しっくりこない感じです…








この6年間はとにかく自分に厳しくしてきました。

将来、自分が社会に出たときのため。

必要以上にがんばって、とにかく自分の限界を見極めようと。

がんばる必要もないのに、がんばらなくてもいいのに。

友達からも、時には親からもどうして?、と聞かれたり。

自分でもわからないけれど、たぶんこれまでの何かがこれから役に立つはず。







小さい頃からの夢を果たせる企業にこの4月から就職。

でも、もう僕には夢も希望もありません。

これから新たな世界が始まることに、足を踏み入れることに、歩み始めることに大きな不安と恐怖を感じています。

いまだ終わらない、男性社会。

そして、とてもシビアそうな人間関係。

どうしてこんなところまでやってきてしまったのか。

たまに、不思議に思います。

夢も希望もない。

だけど、その代わりに今の自分には目標と野望があります。

もっともっと自分の世界を広げたい!!

小さな世界に収まらない、もっと自分の専門の最高頂を目指したい!!

上へ上へと突き進むだけじゃなくて、横にも大きく成長したい。

これからは、大きな木になることを目標に。

この木、何の木、気になる木みたいに…

4月からの新人研修、しばらくは大きな木の幹を作ることに専念して。

たった一度の人生、平凡なままでは済まされない。







などなど、頭の中でモヤモヤしていたものを言葉にしてみた。

ちょっとすっきり。

|

« 本日 | トップページ | 入ってしまった… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日 | トップページ | 入ってしまった… »