« すもぉーるらいとぉ | トップページ | アタタタタ… »

2006年12月 9日 (土曜日)

自分の夢を分析

最近は疲れているせいか、ぐっすり長時間寝て、

いつもは見ることのない夢を見ます。

だけど、その夢が不思議。

いつもシチュエーションとかはまったく違うのに、

いつも決まったパターンがあることに気付きました。

夢の中で起こった出来事が自分の思いどうりに

ならなかったら、必死にこれは夢だと自分に言い

聞かせて目を覚まそうとする。

そして夢の中の自分は、目を覚まして、



「夢だったのか…」



と、ひと安心。

だけど、またその夢の中の自分は同じシチュエー

ションで前とは違う失敗をしてしまって、また、これは夢

に違いないと思ってまた、やり直そうとする。

まるで、現実から逃れようとするかのよう。

夢は現実の世界の何かを、自分の中に潜在的に

潜んでいる思いなんかをあらわしたりするって、

聞いたことがあります。

この夢も、自分の中の、自分でも気づいていない

何かをあらわしているのかな。



ちなみに、昨日の夢は自分の携帯を確か、親か妹に

盗み見されそうになって、



「ヤメロー!!」



と言いたいのに、なぜかその言葉がなかなか出なくて、



「×××××~」



って、大きな声で変なことを叫んでました。

何を叫んだのか覚えてない。

決して変な言葉ではありません。

どうやらこの言葉、現実でも大声で叫んでしまったらしく、

静かな夜明けに響いた自分の声に驚いて目を覚まして

しまいました。

昔、人間並みの大きさのゴキに襲われる夢を見たときも、



「助けて~!!」



って叫んで目を覚ましたこともあったなぁ。




携帯は別に見られてやばいものはないのに、どうして

あんなに嫌がったのか。

もしかして、肉親に見られて後ろめたいことがあるんだろうか。

|

« すもぉーるらいとぉ | トップページ | アタタタタ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すもぉーるらいとぉ | トップページ | アタタタタ… »