« 夏が終わりそう | トップページ | 最近の心模様 »

2006年8月21日 (月曜日)

久しぶりの研究室と加齢臭のウンチク

今日は2週間ぶりに研究室に行きました。



2週間も経っているので研究室の雰囲気とか、みんながやってる研究も少しは変わっているかなと思って少し期待してたけど、行ってみたらな~んにも変わってなかった。


やっぱりね…



それにしても何度も言うけれど、研究室はサウナ並みの蒸し暑さ。

研究室入り口の扉を開けた瞬間、


ムォワ~ッ


と、生暖かい風が顔をよぎりました。それだけで気分が萎えてしまいましたよ。



△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼



久しぶりなもんで、僕の研究室の本部的部屋がある、他の建物のほうに行ってみたらちょうどうちの研究室の4年生が揃っていました。

そういえば明日からうちの大学院の入学試験が始まるんだったな。

4年生はみんな不安そうに、


「どうしよう…」


とか言ってたけれど、自分には何とも言うことができず…

4年生に去年の試験の問題を見せてもらったけれど、今ではまったく解くことができず。


「合格してもこんなもんだから」


と安心するようなこと言ってみたけれど、ホント自分はよく合格できたな~っと改めて思いつつ、冷や汗かきました。





2年前の自分を思い出すと、


「あぁ~、今のみんなの気持ちわからんでもないなぁ」


そう思いました。そんなふうに4年生の気持ちがわかっていたので、ここで、


「がんばれよ!!」


と言っても逆にプレッシャーになるだろうなぁと思ったので、


「意外と何とかなるもんだよ」


と言ってはみたけれど、今考えると自分でも意味わかんないこと言ったなぁと思います。

まわりがどうのこうの言ったり、心配してあげても結局は自分の戦いなので、明日からの試験、うちの4年生が上手くいけばいいなと心なしに思うばかりです。




○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●




そんなことがあった今日、早速自分の研究を再開しました。

自分では熱心にやっているのに、同じ所を行ったり来たり。よく考えたら、ここ半年同じことやってる気がします。

そんな状況なので最近は、卒業できるかどうか不安になってきました。

そんな不安が頭をよぎると、めちゃくちゃ悩みこんでしまいます。

ただでさえ、他にもいろいろと悩んでいるというのに…

でも、悩んでばかりではぜんぜん進まないので、とりあえず今までと同じことをこれからも続けていって、いつか何か見つかるかもしれないと少しだけ、期待することにします。




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓




今日の研究室の室温は34度でした。

もちろんエアコンなし。

そんなとこで一日中実験やってたら、ちょっと体が汗臭くなったので、その時点で帰ることにしました。

家に帰ったらちょうど、「臭い(加齢臭)」を取り上げている番組がありました。

臭いに敏感な自分としてはとても気になるところ。

思わず見入ってしまいました。

どうやら、「加齢臭」の原因は生活習慣、特に食生活にあるそうです。

だいたい、肉食中心の食生活をやっていると耳の裏辺りから嫌な臭いが出てくるそうです。

よく家族の中に娘がいる場合、たいてい、


「親父は臭いから嫌だ」


と言うのを聞くと思うんですが、これは親父がただ臭いわけではなくて、父親と娘のスキンシップが足りないからそういうことを言われるようになるんだそうです。

娘が小さいときからスキンシップをしっかりとって、娘が大きくなるにつれてもそれを怠らなければ、娘のほうは常に父親の臭いを感じ取っているわけなので、たとえ娘が大人になったとしても、



「クサイ!!」



とか言われることはないんだそうです。

将来の父親、もしくは父親になったばかりの人はこれに要注意です。

ちょっとしか見てなかったけど、何か勉強になった。

|

« 夏が終わりそう | トップページ | 最近の心模様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23922/3163248

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの研究室と加齢臭のウンチク:

« 夏が終わりそう | トップページ | 最近の心模様 »