« イマダラクニナラズ | トップページ | 発表の準備 »

2006年6月 4日 (日曜日)

友達のコーチングセミナー

先週土曜日は友達が企画して開催した、『コーチングセミナー』なるものに参加してきました。

『コーチング』って言葉、僕は研究室の友達が熱心に取り組んでやっているので聞いたことはあったけれどその本質、具体的にどういうことなのか、どういうことをするのかについてはまったく知りませんでした。でも最近、友達がよくコーチングについての話をブログだったり、直に聞く機会があったし、本屋さんでもコーチングに関する本もよく目にするようになったのでちょっと興味を持ったところでした。



じゃぁ、『コーチング』ってなんだろうという話ですけど。僕なりにセミナーで学んでこういうものじゃないかなとまとめてみますが…


端的に言うと、コーチングは相手が自発的に行動を起こすことができるように導くコミュニケーション術というものなのかな。基本的には双方向のコミュニケーション(対話)を重視するものなんだなと思いました。コーチングの場にはコーチングを行う『コーチ』と、コーチングを受ける『クライアント』という2つの立場があるそうです。コーチはクライアントに対して質問を投げかけたり、クライアントの話(主に自分が思うこと)に耳を傾けたりしながら、クライアントが心の中に漠然と持っているもの思っていることを明確にして気付かせてあげたり、なかなかまとめきれない思いなどを整理してあげたりします。そうすることによってクライアントは、自分の目標達成に向かい、新たな視点を持って自ら考え自ら行動していくことができるようになるというものです。


まだまだ『コーチング』についてはかじった程度の僕にはこういう説明しかできませんが、コーチングって意外と身近にあるような気がします。例えば、後輩とか友達の話を聞くときに、相づちとか質問などを入れて相手が話しやすいような雰囲気を作ってあげながらじっくりと話を聞く。こんなふうに普段のおしゃべりの中にも、コーチングの場が隠れている気がしました。話すより人の話を聞くほうが好きな自分にとっては結構、やりやすいものだと思いました。相手の話をしっかり聞く、相手を理解しようと努力する、そんなことを少し意識してやるだけでコーチングって始まるんじゃないかなと思いました。


ほとんど自分の思い込みですが、これから友達とか後輩とかいろんな人とおしゃべりするときにちょっとだけ意識してやることでお互いに楽しくなればいいかなと思います。

|

« イマダラクニナラズ | トップページ | 発表の準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23922/2074197

この記事へのトラックバック一覧です: 友達のコーチングセミナー:

« イマダラクニナラズ | トップページ | 発表の準備 »