« 空言 | トップページ | コーヒーメーカー »

2006年6月30日 (金曜日)

独り立ち

妹が転職。

来月から生まれて初めて、親元を離れて一人暮らしするんだってさ。親元を離れるって言っても同じ九州県内。長崎→福岡に行くだけ。福岡で一ヶ月間の研修を受けたあとはまた長崎に戻ってきて、長崎市で働くらしい。もちろんそこでも一人暮らし。


今日、その話を聞いて僕は言ったことはただ一つ。

「何があっても最低3年は仕事はやめたらいかんよ」(長崎なまりで)


僕の家族というか親戚にいる誰もがみんな過保護な傾向があって、たいていはそれぞれの親が住んでいる家の近所に住んで、何か起こったら、すぐに駆けつけよう、親戚の誰かが困っていたらみんなで助けようと考えるような、そんなぬくぬくとした環境で育ってきた妹は僕から見るとものすご~く世間知らず。いまだに自分でいろんな手続きができないし、一人では飛行機にすら乗れない。それに加えて、ものすごいわがまま。何でもかんでも親に買ってもらって、自分では何も苦労をしようとしない。


人間いつかは一人で生きていかなければならないときが来るってのに、そんなんじゃ、絶対ダメだと昔から思っていたのでこれまで何度も「早く家を出て一人で生活するように」って、言ってたのにこれまでなかなか実現しなかった。本人は口では、「早く家を出たい」と言っていたけれど、やっぱり、心の中では不安に思うことが多くてこれまでずっと親の側から離れられずにいるみたいでした。

でも、来月からようやく独り立ちできるかもしれない。今まで親に全部やってもらっていたことを、これからは自分の力でやっていかなければならない。厳しいことかもしれないけれど、いろんな痛みや苦しみを味わって、ちょっとは親のありがたみがわかったらいいなと思います。



そんな偉そうなこと言っている自分は独り暮らしをしているとはいえ、まだまだ親のすねかじり。だけど来年の春からはホントにホントの独り立ち。就職先が決まったとはいえ、まだまだ自分が来年の春から社会人として働くっていう実感がわかない。働くことをイメージすると、思い浮かぶのは希望よりも不安や恐怖。

自分はしっかりやっていけるのかどうかがものすごく心配。妹に電話で言ったあの言葉は、妹だけでなく自分に対して言った決意の言葉なのかもしれない。

|

« 空言 | トップページ | コーヒーメーカー »

コメント

QUAQUAこんにちは。
妹さんが独立。そして「3年」の言葉がけをされたのですね。考え方がしっかりされているなぁとおもいました。本当、そのとおりです!

さて私のブログ「リーダー力、コミュニケーション力、法律力、つまるところ愛のちから?」は終了し、7月3日よりタイトルが変わります。「50人未満企業へのエール」です。どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: とみたです | 2006年7月 2日 (日曜日) 午後 12時18分

とみたさん、ありがとう。

『3年』という期間には特に意味はないのですが、今までの妹の様子からすると、そのくらいはがんばってもらいたいという思いから言ってみました。

とみたさんのブログは毎回、拝見させていただいてますが、これからも読ませていただいて、勉強させていただきたいと思いますのでこちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: Quapua | 2006年7月 2日 (日曜日) 午後 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23922/2436611

この記事へのトラックバック一覧です: 独り立ち:

« 空言 | トップページ | コーヒーメーカー »