« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金曜日)

独り立ち

妹が転職。

来月から生まれて初めて、親元を離れて一人暮らしするんだってさ。親元を離れるって言っても同じ九州県内。長崎→福岡に行くだけ。福岡で一ヶ月間の研修を受けたあとはまた長崎に戻ってきて、長崎市で働くらしい。もちろんそこでも一人暮らし。


今日、その話を聞いて僕は言ったことはただ一つ。

「何があっても最低3年は仕事はやめたらいかんよ」(長崎なまりで)


僕の家族というか親戚にいる誰もがみんな過保護な傾向があって、たいていはそれぞれの親が住んでいる家の近所に住んで、何か起こったら、すぐに駆けつけよう、親戚の誰かが困っていたらみんなで助けようと考えるような、そんなぬくぬくとした環境で育ってきた妹は僕から見るとものすご~く世間知らず。いまだに自分でいろんな手続きができないし、一人では飛行機にすら乗れない。それに加えて、ものすごいわがまま。何でもかんでも親に買ってもらって、自分では何も苦労をしようとしない。


人間いつかは一人で生きていかなければならないときが来るってのに、そんなんじゃ、絶対ダメだと昔から思っていたのでこれまで何度も「早く家を出て一人で生活するように」って、言ってたのにこれまでなかなか実現しなかった。本人は口では、「早く家を出たい」と言っていたけれど、やっぱり、心の中では不安に思うことが多くてこれまでずっと親の側から離れられずにいるみたいでした。

でも、来月からようやく独り立ちできるかもしれない。今まで親に全部やってもらっていたことを、これからは自分の力でやっていかなければならない。厳しいことかもしれないけれど、いろんな痛みや苦しみを味わって、ちょっとは親のありがたみがわかったらいいなと思います。



そんな偉そうなこと言っている自分は独り暮らしをしているとはいえ、まだまだ親のすねかじり。だけど来年の春からはホントにホントの独り立ち。就職先が決まったとはいえ、まだまだ自分が来年の春から社会人として働くっていう実感がわかない。働くことをイメージすると、思い浮かぶのは希望よりも不安や恐怖。

自分はしっかりやっていけるのかどうかがものすごく心配。妹に電話で言ったあの言葉は、妹だけでなく自分に対して言った決意の言葉なのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木曜日)

空言

今日は「二日酔い」ってほどではなかったけれど、朝から頭が痛かった。

やること山積みっていうのに体の起動にかなり時間がかかりました。体がまともに動き出したのはお昼過ぎから、それまではやることそっちのけで海外旅行の雑誌を見ながらどこに行こうかと悩んでました。まだまだどこに行こうか決まらず、まったく計画が立てられずにいます。ホントに行けるのかなぁ。「近所だ、近所だ」と言っている『天使のババロア』のお店にも行けず。まったく、計画通りに何でも行かない…


最近の名古屋の蒸し暑さは、すでに僕の限界を超えてしまってます。実験をする実験棟という建物の中はもっと蒸し暑い。蒸し暑さが体にまとわり付いて、まるで何かに体が包み込まれたというか、じと~っとしたものがずっと肌に触れている感じです。そのおかげで「がんばるぞっ」というヤル気は半減されます。


△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


今日は今週、研究発表がある後輩の発表用の資料作りを手伝いました。自分で研究テーマを決めてこれからやっていく予定なんかを発表をすればいいんだけれど、その後輩はうちの大学院に来たばっかりで、さらに重度の心配性という性格もあっていろいろなものに尻込みばかりしてなかなか進まずにいます。今日はその後輩がやろうと考えている研究の内容を聞いて、いろいろと指摘やアドバイス、というかほとんどダメだしばかりしてしまいました。後輩がいろんなことを考えて言ってくることに対して、

「それはここがダメ」

だとか、

「そうするよりもこうしたら、それをやる意味ないんじゃない?」

とか、自分でもかなり小うるさく言ってしまったなと帰ってきてから反省してます。そんな小言を言っている間も、ちょっとかわいそうなことしているなぁ、嫌な先輩だと思われてるんだろうなぁとか考えました。あまりにも後輩を悩ませてしまったようなので、ちょっとした提案をして逃げ道とか解決の糸口を見つけやすくしてやったりしてこれで何とかなるんじゃないかなぁという所で帰ってきました。

おかげで今日の予定はまったく消化しきれなかった…


ほとんどは僕がダメだしをしてパァになったアイデアばっかりだったけれど、二人であーだこーだと言い合っているうちに自分にとってもいい考えだなと思うものも得ることができたし、後輩もいろいろと研究について相談するたびにどんどん的を射たことを言うようになってきて、最近ではちょっと自分は危ういなと思うこともしばしばあったりします。とりあえずは、その後輩の研究が軌道に乗るまでは遠くも遠くからこそこそ見て、何かあったら小言を言っていこうかと勝手ながら考え中です。あとは、そんな小言をえらそうに言っている自分の考えがホントに正しいのか、なんだかんだといいながらも疑問に思っています。傍らで先生が僕の言っていることを聞いていたら、

「でたらめ言うんじゃない」

とか言われて怒られそうだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日曜日)

亀田3兄弟

ただいま研究室にいます。晩御飯中です。

日曜だけれど、最近気が抜けがちだったので自分を戒めるために心を鬼にして今日は研究室に泊まろっかなぁというくらいの勢いです。明日までに実験の準備をしなければならないほかのメンバーもがんばっているので彼らと一緒に今晩はがんばるつもりです。

机の上のパソコンに向かっていろいろやってたら、友達が、

「飲む?」

と言ったので、振り返ったらビール瓶を片手に持って立っていました。そのときはまだ夕方5時ぐらい。まだまだ酒を飲むには早すぎる時間だったけど、せっかくのお誘い、せっかくの日曜だったので飲みました。2杯飲んだところで体も顔もまっかっか。だけどしばらくの時間ビールの見ながら友達二人でちょっとした話ができて楽しかった。ホントはいけないんだけどね。

ちゃんとつまみもありましたよ!今日、ちょうどコンビニで見つけたこれです。

Pop01a_1
Pop02a
Pop03a

亀田製菓さんから発売中です。

これはいい携帯食。ちょうど3種類なので、まさに亀田3兄弟です。

ホントのところ、これを食べながら研究室で『フライトプラン』見ようと思っていたけど、一人で食べるよりは何人かで話をしながら食べたほうがいいのでつまみとなりました。100円という安さでお手軽な食べ物。いざ作ってみるとパッケージの大きさよりか何倍も膨れ上がって一人では食べきれないくらいの大きさでした。今日はうす塩味とバター味を試しました。塩味は普通でバター味はただ塩味を抜いただけのような感じで、ちょっと損した気分。あとバニラ味があったけれど、ちょっと味が予想できなくて怖かったのでやめました。

誰か試してみて!!



明日は『天使のババロア』に出会う予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗剤のニオイ

昨日は立っているのもツライほど頭痛がひどかったので、夜10時過ぎに寝ました。いま思うと、日付が変わらない前に寝たのは、

何ヶ月ぶり?何年ぶりか?

そのまま朝まで寝て、約9時間睡眠。いつもの3倍近くの睡眠時間。朝起きてワールドカップの日本戦の結果を見たらやっぱり負けてた。負けることはわかっていたけれど、それにしてもひどい負け方でした。



◁◀◁◀◁◀◁◀◁◀◁◀◁◀◁◀◁◀◁◀◁◀◁◀◁◀


夏になると厄介なのは洗濯物の量が増えること。しかも梅雨の時期は外に干せない日が多いのでどうしても部屋干しになってしまう。もともと、家のベランダは交通量の多い道路に面しているので、有害物質が付いたら嫌だと天気がいい日でもあまり外に干さないけれど…

最近は汗をかくことが多くなったし、しまっていた夏物のTシャツなんかを洗おうと頻繁に洗濯をしています。おかげですっかり洗剤もなくなってしまいました。昨日の学校帰り、洗剤がなくなったことに気が付いて雨のなか濡れながら洗剤を買いに行ったら、前から気になってた洗剤が以前より安くなってたので買いました。

今まで使ってたのはこれ。

Newbeads_newbeads_1

¥398(名古屋価格)

そして気になってたのはこれ。

Newbeads_funwari_1

¥500ぐらい→¥398(名古屋価格)

すずらんの香りからピンクローズの香りになっただけなのにどうしてこうも値段が違うのかと最初見たときは思いましたが、ようやく同じ値段になって納得。早速使ってみたら、すずらんの香りよりはいい香り。



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

そろそろ3作目の男の菓子作りを計画中。

1作目:デカプリン

2作目:ティラミス

次回はババロアでも作ろうかと…

レシピを見る限り、前回のティラミスよりかは簡単なようなので成功はすると思います。ただ一つ困ったことはババロアがどんなものなのかわからないということ。

ババロアっていってもいろんな種類とか、味とかがあるのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木曜日)

最近思ったこと

ここ何日か、体が壊れてしまってずっと家にこもってゴロゴロしてました。頭の中では学校行こうと思ってても、体が動かなくてどうにもこうにも。なぜか普通に布団で寝ると、翌朝ものすご~く疲れてしまいます。

呪われてるのかな

今はお腹が痛い。季節が季節だけに食中毒かとも思ったけれど、経験上、意識が持っていかれるほどの痛みはないので安心してます。今まで食中毒ほどの恐ろしい病気にはかかったことはないです。食中毒になったときはもう、

『僕は死ぬんだな』

と思ったほど。

皆さんも食中毒にだけは気をつけてください。



□▪□▪□▪□▪□▪□▪□▪□▪□▪□▪□▪□▪□▪□▪□▪□▪□▪□▪□▪



いきなりですが、これ。

【クレヨンしんちゃんの13年後】

かなりいい作品だと思いました。決して面白いものじゃないです。思わず、

シローーーーー!!

って、泣き叫びたくなりました。きっと、全米も涙するかも。


僕の場合、「シロ」じゃないけれど白くて小さいマルチーズの犬を飼っていてもうかれこれ10年近くになるかな。同じように最近はちょっと元気がないし、体も少しやせてきて、実家に帰るたびに小さくなったように見えてとても胸が痛くなります。そんなもんだから、この作品を見たときも自分の飼っている犬のこと思い出して重ね合わせてしまって思わずウルッときてしまいました。

『蛍の墓』の次にやばかった。

もう2度と見ようとは思えない…


○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。○。


生き物には必ず寿命がある、ということはわかっているけれどやっぱりできることならずっと一緒にいたい。愛するものならなおさら。だけど、それは無理だとわかっているから大事にしようとするんだろうね。生き物の宿命ってあまりにも切なくて、悲しい…


この作品を見て、自分が飼っている犬がいなくなったときのことを考えたら怖くなった。犬に限らず、時々、自分の周りにいつもいるはずの人がいなくなったときのことを考えてはどうなるんだろうと不安に思うことがある。いつも危険な仕事についている父親、高齢で体が弱ってきているばあちゃんのこととか…


先にゴールしてしまった人のことはもう思い出だけにしかとどめることができない。だけど、その思い出すら歳を重ねるにつれてあやふやになってしまうこともある。一緒に笑ったり、泣いたりした思い出を自分と一緒にゴールさせなければならない。そうしないと先にゴールした人はきっと悲しんでしまうだろうから。時々ふと、もう会うことが出来ない人のことを思い出したり夢にみたりするのはきっと、一緒に時間を過ごして先にゴールしてしまった人を悲しませないようにと体が無意識に反応しているのかもしれない。もう手の届かないとこにいってしまった人は、ほんとはいつも側にいるのかもしれない。


そう考えると、一度出会って共に時間を過ごした人と永遠に別れるってことはないのかもしれない。




自分の事情がどうであれ、楽しい思い出を作るのを邪魔しちゃいけない。

山口母子殺害事件 から思うこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日曜日)

初めての買い物

今日、初めてクレジットカードで買い物をしました。クレジットカードは何年も前に作っていたけれど、カードで買い物したりすると何となく詐欺とかにあったりして悪用されるんじゃないかなと思っていたのでこれまで大事に保管してありました。



でも、今回ばかりは使わざるをえなかった。この前、抽選の予約をしていたマドンナのコンサートのチケットに当選して、その代金がカード払いしか受け付けてくれないというこのなので泣く泣く使うことにしました。



極心配性なので、一応カード会社に行って直接、ホントに大丈夫なのかということを確認。何しろ何年もつかってなかったし、引き落とし用の口座も何年もつかってなかったのでちゃんと引き落とされるようになっているのかもわからなかったし。そしたら、受け付けてくれたおばちゃんがものすごく口が達者な人でこちらが何か言おうとしたらなりふり構わず口を挟んできて、言いたいこと聞きたいことを言えずにずっとおばちゃんの話を聞いてたらいつの間にかもう一枚、クレジットカードを作るような方向に話が進んでいて、まったくそのつもりなかった僕は一応、必要な書類に記入はして、印鑑がないので後日、郵送しますと言って逃げてきました。



押しに弱いのが自分の悪いところ、今通っている英会話教室も、もともとはただ話を聞きに言っただけなのに、いつの間にか入学することになってしまってそれからずっと通っている、そんな状況です。



コンサートは9月。まだまだずいぶん先の話。9月はたぶん夏休みだったと思うけれど、今の研究しだいではどうなるかわからない。もしかしたら行けないかもしれない。ちょっと心配。だけど、いい席のチケットをとることができたので、もし行けたら海外の大物アーティストのコンサートを近くで見れるのかと思うと少し楽しみ。だけど、チケットの値段はいいとしてコンサートは東京であるし、帰りはものすごく夜遅くなりそうなので東京で一泊するつもりで行かないといけない、それに東京―名古屋間の往復の交通費を考えるとかなりお金がいりそう。



だけど、よくよく考えてみるとただの遊びのために東京に行ったことは今までないのでこの際、羽を思いっきり伸ばすためにも東京を楽しんでこようかと。学生最後の夏だからそれぐらいいいかな。窮屈なスーツを着たり、たくさんの本が入ったかばんを引きずって行ったことはあったけれど、今回は一泊分の着替えのみ。なんだったら手ぶらでもいいんじゃないかなと思うぐらい。とは言っても、なかなか一人遊びができない性質なので結局は無難なところ行って、御飯とかもファストフードになるんだろうなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金曜日)

計画だおれ

肩はこるし、この暑さで体がだるいしでなかなか疲れがとれず、弱りきった体をもうすぐで風邪に侵されそうだったけれど、何とか持ち直したような気がするこの2、3日。


ここのところ先生に何度もかけあって何とか一つ、ちょっとお高い実験装置を買ってもらいました。それに実験のほうも蒸し暑い中、汗だくになって朝から夜までやってたおかげで少しは前進した気がします。研究に関してだけは乗りに乗っているというのかなぁ。



今週は主に後輩との相談に結構、時間がかかりました。明日の研究発表の準備もあってそれほど真剣には聞けなかったけれど。よその大学から大学院に入学してきた子で、まだまだ家の研究室のシステムとかに慣れてなくて、いろいろ困っている様子でした。なかなか研究テーマが決まらなくてずっと困っている様子だったけれど、ようやく最近先生からやってもらいたいことを頼まれてそれをやることになったとか。だけど、先生といろいろ話したけれど何をやったらいいのかあまりわからなくて、それでいろいろと僕と2人で話をしていました。とりあえず、今日も話をした結果、今からやろうとしていることが僕の研究とほぼ同じようなことだったし、その子がその研究を一人でやっていくには僕がいろいろと教えていかなければならないようだったし、一人でやっていけるのかどうかも心配だったので、2人で共同研究という形でやっていこうかということになりました。





明日はそれを先生に報告するつもりです。

その後輩は結構まじめそうだし、話をしてて性格も自分と似ているようなところもあるので上手くいきそうかなと、今のところは。




●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



学生最後の夏、研究ばっかりじゃもったいないと思って今、海外旅行を計画中。いまだに海外に行ったことがないのは家族の中で僕一人。出身地の長崎からまったく出たことのない、母親にすらあの韓流ブームのせいで先を越されてしまった…そんな状態なので、もし海外に行くならムチャ旅行をしようかなぁと考え中。時間とお金が許す限りいろんな国に行けるだけ行こうかと思ってます。一度に何カ国も行けないなら一度日本に帰ってきて、ちょっと間空けてまた海外へ行こうかなとまで思っています。そんなことをいろいろと考えているけれど、海外旅行するにはまず、何を始めたらいいのかさっぱりわからないし、何を用意したらいいのかさえ、まったくわからない。とりあえず、パスポートだけはあります。

旅行の計画を立てようにもいろいろわからにことばかりだし、ツアーで行くか個人で行くかどうかもまだ決めてない。最初はツアーでいくのが無難かとも思うけれど…

今月中には、H.I.Sにでも行っていろいろ話を聞いてみようかなぁ。


海外旅行⇒H.I.Sというイメージは間違い?


そんなこといろいろ考えているうちに、


あれ、結局行かんかった


そんなことが起こりそうな予感もチラホラしてきました。



とりあえず、一度はどこかに行ってみたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火曜日)

募集中

最近、研究室では風邪が流行っているみたい。

今のところ僕は大丈夫だけど、ここのところ家で寝て、

次の日起きるとなぜか体がものすご~く疲れてる。

特に肩こりがひどい。

枕が体に合っていないのか?

もしかして夢遊病で夜中に何か体を使った運動をしているのか?


とにかく、肩こりがひどくて頭痛もして毎朝憂鬱です。

おかげで体はだんだん弱っているみたいだし、そこを付けねらって風邪もひくんじゃないかと…


肩こりを治すスカッとした治療法を募集中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日曜日)

この頃少し、毎日に空虚感を感じています。

 

就職活動という縛りからの解放。

続いて、今週と来週のセミナー発表と研究発表。

なかなか実家に報告しに帰省することができない…

セミナー発表はいつもどうり、入念な準備をして望んだものの、それでも準備の途 中で少し妥協していたところが見事に先生から指摘されて、なかなか返答するの に困りました。

いつになったら上手く発表をこなすことができるんだろう。

もうたぶん 発表をするのはあと1回しかない。

今度こそは、最後こそはいい発表をしたい。

 

 

来週の研究発表。

困ったことに何にも発表することがありません。

まったく研究をやっていないのでは ないのに。

ようやく1歩進んだら2歩もどったり、ここのところずっとこんな調子です。

0からのスタート。

何にもない状態から少しずつ作り上げていく。

先生は何にも言ってこない、むしろ見放されているような感じ。

「君は力があるんだから。」 

そう先生は言ってたけどあれは聞き間違いか、人違いか。

何とか少しでも前に進みたくていろいろなことやってみるけど、どうもすっきりしない。

来週は毎日、遅くまでがんばろうかと思います。

 

 

 

♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤♠♤

 

 

 

気分を変えるために、久しぶりにコンサートにでも行こうかと。

毎年1回は誰かのコンサートには行ってました。

意外かもしれないけれど、ダンス系ミュージシャン。

そしてやっぱり、外人。

最近行ったのはちょっとジャンルは違うけれど、「Bond」という女性4人のグループの コンサート。

しかも、いい席のチケットを買ったのでほとんど目の前で楽しめました。

今日はたまたま、ネットでマドンナのワールドツアーが13年ぶりに日本にやってくる というのを見て、こりゃ行くしかないと思ってすぐに予約しました。

世界的に有名な歌 手だけあってチケットもものすごく高かった!

大阪、東京、両方であるらしいけど、大阪公演の日はちょうど他のイベントが入ってい るのでちょっとお金はかかるけれど東京の方にしました。

抽選応募の予約なのでまだ けるかどうかはわからないけれど、何とか行けたらいいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土曜日)

test

今、僕がやっている実験の様子です。

ちょっと音が大きいと思いますが、ご覧ください。

これはロケットエンジンを模擬した実験装置です。

かなり威力はすさまじくて、これでもずいぶんと安全な実験条件で実験をやっているほうです。

この実験をやるために一応、危険物の勉強をして資格も取りました。

時々夜中に家の前を消防車が通ると、もしかして自分の実験のせいで研究室が燃えているんじゃないかなと、窓から大学のほうを見て火の手が上がってないか確認することがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木曜日)

もうすぐ父の日のはず…

しつこいようですが、今朝、仕方な~く、メロンを食べ終えました。


今日は朝から、内々定をいただいていた企業へ辞退の申し出をしました。

あれほどがんばって面接を受けて内々定をいただいたのに、断らなければならないのはちょっと残念。どの企業も本当に魅力的な企業ばかりで、一度にたった一つの企業にしか就職できないのがとても残念です。できることなら、毎日、日替わりで会社勤めができたらいいけれど…



どの企業の人事の方とお話をする前は面接のとき以上に緊張しました。どんな反応をされるのか、もしかしたら怒られて何かされるんじゃないかなとか。でも、今日、直接辞退の申し出をすることができたのはたった1社だけ。それも、かなり僕のことを高く評価していただいた企業でした。本当は一ヶ月前に一度、中途半端に内々定をお受けして、長いことお待ちいただくのは申し訳ないと思って辞退の連絡をさせていただいたのですが、学校推薦の結果がはっきり分かるまで待ちますとおっしゃっていただいて、それから約1ヶ月間。時々、「どんな状況なの?」とか、「うちに来ればいいのに」とか、かなりのプレッシャーを受けてました。そして今日、ようやくはっきりと辞退の申し出をさせていただいたら人事の方は、かなり残念そうなリアクションをされましたが、「もし、これから就職する企業で働き始めて、やっぱり違うなと思ったら連絡ください、お待ちしてるから。」と、ありがたいお言葉をいただきました。内々定の辞退という大変失礼な態度を取ってしまった自分を、まだ評価していただけるその企業の人事の方には本当に申し訳なく思いました。





◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐◐



そんなことがあった今日、ふともうすぐ父の日だということに気が付きました。

父親にはとても感謝しているし、ある点では尊敬もしているけれど、あまり話すこともないので直接言葉で感謝の気持ちを伝えるのは気恥ずかしくって、毎年、贈り物をして自分の気持ちを表しています。とはいっても、自分と同様、生真面目であんまり趣味らしい趣味を持たない父親に贈り物をするのは毎年、悩みの種。今年は何を贈ろうかと悩んでいたら、ネットであるものを見つけました。


「ウィスキーグラス」


僕が小さい頃から父親は晩御飯の後には時々、静かにウィスキーを飲んでいました。そんな父親を小さいながらに憧れてたのか、僕もお酒の中ではウィスキーが一番好きです。お酒自体、あんまり飲まないけど…
これから自分が贈るグラスで、父親が僕の目の前で照れくさそうにウィスキーを飲む姿を予想していい物を決めました。

「いい器で、いい酒飲んでくれぃ」


贈り物を決めて時間、日にち指定で配達を決めたけど、父の日間違ってしまった。いつが父の日なのか分からなかったので、だいたい第2週の日曜かなと思ってたら第3週の日曜だった。これじゃぁ、ただの贈り物?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水曜日)

本当に終わりました

今日ようやく、本当に就職活動が終わりました。

去年の8月あたりから動き出してほぼ1年。同じ学科の中では僕が一番長く、就職活動をしていたんじゃないかな。それだけ自分の進路について真剣に考えたってことなんだろうと今ではそう思います。

今日、就職担当の先生からメールで内定の通知があったことを知りました。念願でもあった航空宇宙機メーカーです。これでようやく自分の夢をかなえるスタート地点に立った気がします。あくまでスタート地点に立つことができただけ、まだまだ本当の夢を叶えるまでは長い時間がかかりそうです。でも、これで世界に誇れるような航空宇宙技術を追求していくエンジニアになるための入り口の扉を開くことはできました。ひとまず第1の目標はクリアです。これからはその入り口から一歩でも進むことができるように、まずは立派な修士論文を仕上げて卒業を目指します。残り少ない学生生活で吸収できるものは何でも吸収していきたいです。


ところで内定はもらったけれど、本当に航空宇宙関係の仕事ができるかどうかはまだまだ不透明。その企業は他にもいろんなものを作っているところなので、どうなるかは分かりません。でも、自分の専攻が航空関係の専攻だけにほぼ間違いないとは思いますが。

明日は他に内定をいただいていた企業へ辞退の連絡をします。何と言ってお断りしようかと思うと気が重いです。随分と長い間待っていただいた挙句、結局断るので怒られるんじゃないかなと…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火曜日)

仕方な~く

今日、友達からメロンを1個丸ごともらいました。友達の実家からメロンが2個送られて来たらしく、一人では食べきれないからと僕に1個くれたのでした。メロンを1個一人で食べるという機会はそうないことだし、メロンなんて食べようと思って買うものではないものの王様みたいなものだけど、さすがに僕一人で1個食べるのはきついと思って研究室のみんなで食べようと思いました。しかし、今日は夜10時までずっと研究室で待ってたけど、後輩たちがぜんぜん集まらないし、途中で他の研究室にも電話して誰か呼ぼうと思ったけれど誰もいず。

メロンをくれた友達は、もう熟しているから早く食べたほうがいいと言っていたので、研究室のみんなには残念だけど、


仕方な~く、


家に持って帰りました。家に帰って半分に切ってみたら友達が言っていたとおり、ちょっと柔らかくなっていました。早く食べないと溶けてなくなってしまいそうだったので、


仕方な~く、


半分食べてしまいました。久しぶりのメロンおいしかったです。あと半分残っているけれど、もう切ってしまったし、早く食べないといけないのでまた明日、


仕方な~く、


食べてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発表の準備

今日は夜10時までかかってようやく、今週木曜の研究室内セミナーのスライドをひととおり、完成させました。明日からは細かいところを直していくつもりです。今回の発表は飛行機の騒音』の予定ですが、資料を読んでいたらいくつもの複雑な式があとからあとから出てきて、スライドを作りながらテーマの選択、間違えたかなと今日はずっと思っていました。

スライド作りでは難しい方程式をいくつもこねくり回して、その合い間にさらにどっから出てきたのか分からないような積分の式が出てきたりと、タイピングするのも大変だしそれらを一つ一つ紐解いていくのも大変でした。久しぶりに頭をフル回転した気がします。発表では絶対に教授から、『その式はどっから出てきたの?』と聞かれることは間違いないので、一つ一つの式について入念な理解をしているところです。

たぶん僕の発表は授業のような感じになりそうです。聞いている研究室の学生にはきっと退屈なものになるだろうなと思います。ズラズラッと式ばかりが並んでいるスライドで発表されたら、自分が聴いていても退屈だろうなと思います。そもそも、僕がこんな難しそうなものをテーマに選んだのは、『音速に近い速さで飛んでいる飛行機が発する音の大きさはその飛行機の速度の8乗に比例する』という法則がどっからきたものか、どういう理由でそう言っているのかに興味があったから。昔から興味があるというだけでほったらかしにしていたけれど、ちょうど最近それを勉強するいい資料を見つけたので、自分が理解するついでにみんなに発表しようと思ったのでした。学問の分野で言うと、音響学という分類になるのかな。航空機はいろんな分野の学問の集大成だけあって、ジェット騒音一つとっても、音響学だけではなくて振動とか流体とかいろんなものが複雑にかかわりあっているので今回はいい勉強させてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日曜日)

友達のコーチングセミナー

先週土曜日は友達が企画して開催した、『コーチングセミナー』なるものに参加してきました。

『コーチング』って言葉、僕は研究室の友達が熱心に取り組んでやっているので聞いたことはあったけれどその本質、具体的にどういうことなのか、どういうことをするのかについてはまったく知りませんでした。でも最近、友達がよくコーチングについての話をブログだったり、直に聞く機会があったし、本屋さんでもコーチングに関する本もよく目にするようになったのでちょっと興味を持ったところでした。



じゃぁ、『コーチング』ってなんだろうという話ですけど。僕なりにセミナーで学んでこういうものじゃないかなとまとめてみますが…


端的に言うと、コーチングは相手が自発的に行動を起こすことができるように導くコミュニケーション術というものなのかな。基本的には双方向のコミュニケーション(対話)を重視するものなんだなと思いました。コーチングの場にはコーチングを行う『コーチ』と、コーチングを受ける『クライアント』という2つの立場があるそうです。コーチはクライアントに対して質問を投げかけたり、クライアントの話(主に自分が思うこと)に耳を傾けたりしながら、クライアントが心の中に漠然と持っているもの思っていることを明確にして気付かせてあげたり、なかなかまとめきれない思いなどを整理してあげたりします。そうすることによってクライアントは、自分の目標達成に向かい、新たな視点を持って自ら考え自ら行動していくことができるようになるというものです。


まだまだ『コーチング』についてはかじった程度の僕にはこういう説明しかできませんが、コーチングって意外と身近にあるような気がします。例えば、後輩とか友達の話を聞くときに、相づちとか質問などを入れて相手が話しやすいような雰囲気を作ってあげながらじっくりと話を聞く。こんなふうに普段のおしゃべりの中にも、コーチングの場が隠れている気がしました。話すより人の話を聞くほうが好きな自分にとっては結構、やりやすいものだと思いました。相手の話をしっかり聞く、相手を理解しようと努力する、そんなことを少し意識してやるだけでコーチングって始まるんじゃないかなと思いました。


ほとんど自分の思い込みですが、これから友達とか後輩とかいろんな人とおしゃべりするときにちょっとだけ意識してやることでお互いに楽しくなればいいかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金曜日)

イマダラクニナラズ


羊も毛を脱ぎたくなるような最近の暑さ。

今日は一日中、大学の工作室という油臭いところでずっと金属に穴あけたり、削ったりしてました。久々に機械を使ったので少々危ないこともあったり。固定して削っていた金属が途中で外れて、どっかに飛んで行ったりと、いつどんなことが起きるかわからないそんな状況で汗だくになってやってました。でも何とかやり終えて、それほど腕も落ちてなかったし、われながら職人だなぁ~としみじみ思いました。

今は家で来週のプレゼンの準備中です。せっかく就活も終わったっていうのに、なかなか本格的に休むことができないでいます。来週のプレゼンでは『空力騒音』っていって、飛行機などが空を飛ぶときに音を出す現象について発表するつもりです。資料を読んでるけれど、これ発表したら先生にいろいろなこと質問されるだろうなぁと思いながらスライド作ってます。

『飛んで火にいる夏の虫』

わざと先生に質問されて答えられなさそうなことを発表して、その時自分がどんな反応をするのか不安に思いながら、どうなるかちょっと好奇心も抱きつつ…。やっぱり変わり者?

発表が終わる頃には就職先もきっとはっきり決まると思うし、少しのあいだ実家に帰ろうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニヤニヤ

あぁ~疲れた。

就活が終わっても、なかなか疲れが取れないです。おまけにこの暑さ、踏んだりけったり。とうとう自分の部屋でもクーラーつけてしまいました。


昨日の面接から一夜明けて、早速今日から研究に本腰を入れて再開、のはずだったけれどものすごい暑さにやる気が完全に萎えてしまって、今日はいろいろな業者に電話して実験装置を買ったらどのくらいの値段になるか見積もりをしてもらったり、実際に来てもらって相談に乗ってもらったりしました。若干というかずいぶんと周りのみんなから遅れを取ったように感じるので、これからガツガツと追いき追い越していかねばと意気込んでいるとこです。


今日の午前中は研究室の秘書のお姉さん(と言っておく)と同じ研究室のメンバー何人かで彼女との付き合い方とか結婚、子育てがどうのこうのとか、あとは海外旅行の話とかで盛り上がりました。お姉さんの話によると結婚するのは自分が働いている地元の人とするのが一番いいらしい。遠距離恋愛の末に結婚して、遠いとこから自分の働いている、相手にとっては未知の土地に来てもらうととても寂しい思いをさせてしまうからなんだそうです。ダンナは仕事仕事でぜんぜんかまってもらえないし、それに加えて子どもが生まれてしまうと子育てに追われてかなりつらい思いをするらしいです。両親や古くからの友達が近くにいればいつでも愚痴をこぼしたり相談に乗ってもらえるので少しは気が晴れるのだそうだけど、まったく知らない人ばかりの土地に行っちゃうと一人でふさぎこんでしまいには鬱になったり離婚したりすると言ってました。あとは地元で結婚すればいくらPTAに敵を作っても、古くからの友達が味方になってくれたり遊び友達になってくれるから楽なんだそうです。奥様方の世界はかなりシビアみたいです。


朝っぱらから重い話を聞いたけれど、なるほどといつ役に立つか分からないけれど勉強になりました。とりあえず海外旅行の話で、どこどこにはこんな面白いところがあるとか、安く旅行する方法とかいろいろ情報を仕入れたので何とか今年中には人生初の海外旅行をしようと今から計画中です。せっかくなのでぱ~っと、ど派手な旅行にしようと考えてます。


それから今月からはまたフットサルを再開しようと考えてます。ゲーム中はメガネをつけててちゃ危ないので、またコンタクトを買いに行かなきゃならない。たった2、3時間しかつけないのに一日使い捨てのブルジョワ的使用です。ずっと使えるものを買えばいいけれど、手入れがめんどくさそうだし、何よりも目の細い僕にとってはつけるのにやたらと時間がかかるんです。さらに目が細いくせに眼球は大きくてなかなかぴったりと合うものがないそうなんです。そういうわけで普段はメガネで、メガネだったらいろいろとデザインに凝ることもできるので最近は面白いデザインのメガネとか探したりしてます。


今日はそんな感じ。一日中、これから何をしようかどこに行こうかと、楽しいことばかりを考えていました。おかげでなぜかニヤニヤしてしまって笑いが止まらなかった。ちょっと間違えば周りからは危ない人に見えたかもしれないです。でも、苦しみから解放されたあとの自由って誰でもこんなものですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »