« 後輩に | トップページ | 将来を決めたモノ »

2006年4月 8日 (土曜日)

大学内ではいくつもの桜の木がきれいな花を咲かせています。

昼になると最近は気の会う仲間が集まって桜の木の下で昼ごはんを食べたり、天気がよくて暖かい日は木の下に横になりながら話をしたりと、そんなのどかな春を最近、楽しんでます。

4月から新しく研究室に配属された4年生の中には韓国からの留学生がいて、その子に教授が、「韓国と日本とではどこが違う?」と聞いたところ、人が違うと答えました。韓国の男の人はやっぱり兵役とかもあるのでしっかりしてて力が強いけど日本の男は、なよっとしているというか、やわらかいそうです。

確かに昼間っから木の下でご飯食べて、楽しんでいるようなことが許される国にいればそんな感じになるというか、やっぱり、春夏秋冬と季節を楽しむ日本独自の優雅(?)な心が昔からあるから、今でもそんな柔らかい心を持っているんだろうと思いました。

外国じゃ木の下で花を見ながら楽しむというような習慣はないからね。でも、留学して日本に来ている人たちはほとんど桜の花を立ち止まって見ていたりとか、写真を撮ったりとかして日本の春を楽しんでいるみたい。今日も、同じ国から来たと見える女の人と男の人が、桜の木の下でまったりと時間を過ごしているのを見かけました。

そんな季節を楽しむ心、花を見て時間を楽しむ心をいろんな世界の人が持ってくれれば、世の中もっと平和になるんだろうなと思います。

|

« 後輩に | トップページ | 将来を決めたモノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23922/1327493

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 後輩に | トップページ | 将来を決めたモノ »