« 皮むき | トップページ | 父親が… »

2006年3月 6日 (月曜日)

自己PRに苦戦

昨日は、前の晩に研究室の先輩方とお酒を飲んで騒いだ後の余韻が若干残ったまま、とある企業の選考試験を受けてきました。体もだるくて、目もシバシバするっていうのにパソコン上での試験でした。試験は就活でおなじみの、SPI試験。問題自体は中学レベルぐらいなんだけれど、決められた時間内に解かなければならない。しかも、その決められた時間というのは、絶対に全問解き終えることができないように決められているらしくて、試験中、問題を解いていると残った問題数に対して、残りの時間がはるかに少ないという状況に陥ることが多くて、かなり焦ってしまいます。



問題自体そんなに難しいものじゃないけれど、時間が刻々と過ぎていくということが気になってしまって、冷静さを失いそうになります。僕はこれまでこの試験を3~4回受けました。今のところ、この試験で落ちたことはありませんし、1度だけかなり頭が働いて時間が余ったということもあります。でも、昨日のはちょっと上手く行かなかったかなぁ。途中で、全部適当に○付けていこうと思ったほど。ちょっと冷静さを失いそうになりました。結局、「練習、練習」と自分に言い聞かせて最後まで踏ん張ったけど、結果はどうなるかはわからない。いま思うと、試験問題を読まずに問題を解いていたので(慣れてて、またこの問題かぁという感じで)、若干適当なとこもあったかなと。


そんなテストを終えて、家に帰ってからはその企業に提出するエントリーシートを作成しました。エントリーシートを書くときは、「どんな感じで自分をアピールしようか」と考えるのがとてもおもしろいです。企業が違うとそこでやっている仕事の種類も違ってきます。それに合わせて自分自身をアピールするところも変えていかなければなりません。といっても、自分をアピールするにはいくつかの軸というものがあるわけで、結局それらを組み合わせてその企業にあった自己PRを作成することになります(自分の場合はね)。いろいろと考えて、あまり志望してないけれど、何とかひねり出して志望動機を書こうと悪戦苦闘していると、いつの間にか鳥の鳴き声。



朝です!! しかも締め切り当日。


写真を貼って、必要な書類を同封して速達で送りました。間に合うかわからないけど…


自己満足




ちなみに僕が持っている軸というのは、

「向上心」、「計画性」、「チャレンジ精神」、「技術力」、「信念」、「努力」

というところ、これら一つ一つにまつわるエピソードをふまえながら上手く融合させて強い自己PRを考えてます。


これまでいくつか書いたけど、まだその結果は出てません。今月は4、5回面接の予定があるけれどそれはほとんど試験の結果がよかった(?)からだと思います。早く結果がわかれば、今のやり方で書いている自己PRのまま、これから手を加えていくだけでいいのか、またはもう少し考え直さなければならないのかがわかるんだけど


今月の面接はたいてい練習のつもりで受けるものが多いんですが、一つだけどうしても通過したいところがあります。インターンシップでお世話になったところです。インターンシップではかなり面接の練習みたいなことをしていただいたので、本番の面接では情けない姿をさらさないようにしたいです。



今月は面接に加えて、エントリーシートもたくさん書かなければならないみたい。どれもこれも志望度が高いところばかり。自己分析はまだまだ不完全な気もするのでこれからまた自分を見つめ直していこうと思います。

|

« 皮むき | トップページ | 父親が… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23922/941836

この記事へのトラックバック一覧です: 自己PRに苦戦:

« 皮むき | トップページ | 父親が… »