« 自分の研究内容がわからん | トップページ | 課外授業 »

2006年3月19日 (日曜日)

夢か現実か(気持ちの整理)

夢と現実。

今日はこれについてものすごく深く考え込んでしまいました。今日はある企業の方から、会って話をしたいとの連絡があったので、休みの日にもかかわらず、直接企業の方とお話をさせていただく時間を作ってくれたのを無駄にしたくないなと思ったし、天気のいい休みの日に家でくすぶっているのももったいなぁと思ったので行ってきました。


この企業は自分の専門知識を生かすことはできるけど、それほど志望はしていません。でも、地域に密着した企業ということもあって僕のいる地域ではとても有名で、優良な企業ではあると思います。今日、お会いしたのはその企業の人事の方。こちらの質問に何でも答えてもらえました。その質問の一つに、給料とか年収の話があったんですけど、それのお話を聞いてとても驚きました。

「そんなにもらえるの!!」

しいことはいえませんが、これが率直な感想でした。

これから社会に出て働いていく上で、やっぱり給料というものは気になるところ。入社直後の初任給というものはどの企業でもだいたい同じように見えるけど、そのあとの伸びは企業によってはかなり違う。ちなみに、僕のような工学科はエンジニアとしてメーカーに就職するのが一般的だけど、メーカーの業界によってもかなりその差は大きい。メーカーの業界の中ではやっぱり、自動車会社の給料は一番高いようです。中でも世界のT社はね。一方で、僕が小さい頃から夢見ていた航空宇宙業界、いわゆる、重工という企業は自動車会社に比べると2割くらい給料が安いらしいです。航空宇宙産業というとやってることはとても難しそうだし、かっこよく見えるけれど実際は、仕事はかなりのハードで残業もかなりあって月100時間を越えたことがあるという話も研究室の先輩から聞きました。

そんなシビアな話を聞いてしまうと、ちょっと尻込みをしてしまう。どれほど小さい頃から夢見てきた仕事でも、果たして自分は満足して働いていけるのかどうか不安に思ってしまう。残業、残業に追われて毎日を楽しめないんじゃないか?疲れきってしまって、プライベートとか充実させることができないんじゃないか?そんなことを考えるとちょっと妥協して、自分のやりたいこととはちょっと違うけれどちょっと近いような仕事で給料もいいような企業に決めようかなと思ってしまう。今日も、企業の方のお話を聞いてそう思ってしまいました。でもこの前、研究室の先輩の話を聞いたら、

「お金で仕事を選ばないほうがいい」

とアドバイスされて、どっちがいいものかとても悩むところです。

これまで、どんなに給料が安くても自分は構わない。ただ自分がやりたいこと、夢見てきた仕事ができればいいと思っていたのにどうしてしまったんだろう?ここのところ、そんなことにこだわってしまっている自分がいる。ネックになるのはそれで周りと比較されること、比較してしまうこと。中でも、最近は自分の父親と比較することがよくある。父親がこれまで作り上げてきた家族とその生活、果たして自分は同じようなことができるのか、できれば父親に勝ちたい。でも、相手はなかなかの強敵のよう。家にいるときはそんなにパッとしない父親のように見えるけど、最近、就職活動をしていくことで自分の父親の偉大さがわかるようになってきた。

夢か現実か。

どちらにしても自分は普通のエンジニアにはなりたくないと思う。何か革新的なものを作りたいし、革新的なことを起こしたい。海外にも仕事で行きたいし、活躍したい。とにかく、新しいものを追い求めて、一番になりたい、タダモノにはなりたくない。夢は革命家か?そう考えると、このまま夢を追い続けるのがいいのかな。自分の将来像を考える上で、お金の話なんてまったく浮かんでこない。逆に、自分を犠牲にしてでもってところがあるような気がする。





自分の気持ちを整理しようと書いてみたけど、ムズカシイ…

             (↑たびたび使い回してます…)

|

« 自分の研究内容がわからん | トップページ | 課外授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23922/1096997

この記事へのトラックバック一覧です: 夢か現実か(気持ちの整理):

« 自分の研究内容がわからん | トップページ | 課外授業 »