« 面接だらけ | トップページ | 自分の研究内容がわからん »

2006年3月15日 (水曜日)

面接第1戦目

今日の面接の感想。


今回の面接は就職活動で第1戦目となる面接だったのでかなり緊張しました。今日の面接は個人面接で、面接官と1対1での面接でした。僕の緊張が面接官の人にもかなり伝わったのか、最初のうちは何度も、

「そんなに緊張しなくていいですよ」

と言われました。


たいていの面接では、自己PRと志望動機は必ず聞かれるもの。なので、昨日はこの2つだけでも上手く伝えられるように、どんなことを言おうかとかずっと内容を考えて、シミュレーションとかもやったりしてました。でも、今日の面接ではどちらも聞かれなくて、面接の最初から不意打ちを食らってしまい少し焦りました。


「あんだけ時間かけて考えたのに…」


今日の面接では昨日、やっとこさで書いた履歴書に沿っていろいろ質問されました。




「今日ここに来るまでの道で迷わなかった?」
「現在、他社の選考状況はどうか?」
「弊社はどのくらいの志望度か?」
「弊社は他の同業者と比べてどのような点で魅力を感じるか、劣っているか?」
「今やっている研究内容はどんなものか?」
「学生時代に最も力を入れてきたことは何か?」
「就職活動で会社を選ぶときはどのようなことを重視しているか?会社の人と話をするときは、その会話を通じて何を得ようと考えているか?」
10年後はどのような人物になりたいか、どのようなことを成し遂げたいか?近い将来ではどうか?」



などなど…。まだまだたくさん質問されて、それぞれについて自分なりの考えを答えることができたつもり。でも途中で質問の内容を忘れてしまって、ヤバイなと感じたことが1回だけありました。そこは上手く濁らせて答えたけど、面接官の人にはバレバレだったと思います。


今日の面接は初めてだったけど、自分の中ではまずまずの出来だったと思いました。自分のことだから、あまりの緊張で頭の中が真っ白になってしまって何も答えることができないんじゃないかと心配してたけど、案外自分はしゃべれるんだなとわかったので安心しました。それもこれも、これまでの大学生活でいろいろと自分の考えをアウトプットする経験をたくさん積んできたおかげかな。あと日頃から就職に関していろいろなことを考えていたおかげで、予想もしなかったような質問がきても答えることができたなぁと思いました。就職を前にして自己分析というものの大事さを改めて感じました。


まだまだ、今月は面接が盛りだくさん。1回1回ごとに、反省を繰り返して自分の欠点を改善していきたいと思います。そして第1志望の企業の面接を受けるまでには完璧な状態を作っていたいです。とりあえず、今はこの面接の日程を上手くスケジューリングすることに精一杯です。今月は面接に加えて、工場見学もいくつかあるので、それと日にちが重ならないようにするのが大変です。今日も何社か人事の方に電話をして面接の日にちの変更をお願いしました。すべてのものをこなそうとすると、ものすごくきついスケジュールになってしまって、これから先が少し不安。


とりあえず、明日はブルドーザの工場見学に行ってきます。ほんの興味程度で、ちょっとした修学旅行気分で行ってきます。名古屋市内の工場なのでそんなに移動にお金もかからないし、時間もかからないから良かったです。こんな感じで興味のあるものの工場見学ができるのも就職活動の中のちょっとした楽しみ。

これを楽しまずにはいられないです。

|

« 面接だらけ | トップページ | 自分の研究内容がわからん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23922/1041639

この記事へのトラックバック一覧です: 面接第1戦目:

« 面接だらけ | トップページ | 自分の研究内容がわからん »