« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火曜日)

ぼやき(長いよ)

今日は朝早くから出かけて、名古屋の一番端っこまで行っての会社説明会でした。



かなり時間もかかったし、お金もかかった。今日行ったのは自動車の設計をしているとこ。サイトでその会社を初めて見て、ちょっと興味を持ったので行ってみることにしました。話を聞いてみて、T自動車を裏から支えてる、むしろこっちのほうが技術力を持っている会社だということを知りました。この会社はT自動車グループの一つで、T自動車では解決できない問題とかを請け負ってそれを解決したり、または新しい開発技術を提案したりする会社だということでした

(帰りには、ライトの部分がまぶしく光るミニカーももらえて満足。さすがはT自動車グループ。)

こんなふうに、就職活動をしていると今まで見えてこなかった社会の仕組みとか、自分たちの生活のあちらこちらで、予想もしなかったような企業の技術とかが活かされてるんだなぁということを知る機会が多いです。例えば、東京の某テレビ局のホームページとか、コンビニの在庫管理をしているのは、実は自動車の設計をしている会社だったとか。

こんな意外なことを知ることができるのも、辛い就職活動をしていく上でのちょっとした楽しみなのかな。


ここのところよく考えてみると、大学時代に身につけたスキルのおかげで、今では自分ができる職種の範囲がものすごく広いことに気づいた。大学で学んだ知識だけじゃ、ある程度のメーカーぐらいしか選択する余地はないけど、大学時代にそれとは別に何か熱中したものとかサークルとかで得た経験とかがあると自分の可能性というものを大きくできるんだなと思いました。現に、僕だけではなくて友達の中にもボランティア活動などを通して得た経験、新たに発見した、他人そして自分の価値観なんかのおかげで大学の専攻とは少しはなれた道を進もうとしている人がいるし。

そんな自分の新たな可能性を気づかせてくれるような経験や技術を得るためには、ネガティブな考えが一番障害になると思います。自分には『無理』だから、『できない』からといって何もしないでいたら、ちょっとつまらない人生になりそうな気がする。

自分も前はそうでした。特に人見知りな性格があって、あまり知らない人とは上手く話せないし、そういう輪の中に自分から入っていくようなことは自分には無理だからといって、ほとんどありませんでした、高校生までは。そんな性格のおかげでいつも、とても損をしていたような気がしました。それが嫌で、大学生になってからはこの性格を治そうと努力しました。いろんなサークルに入ったり、学園祭の実行委員やったり。いろんな人と進んで話さなければならないようなイベントに参加したり。バイトもそう、学生ばかりでは交友関係が狭くなると思ってなるべく学生のしないことやりました。何十人ものおじさんたちに囲まれて穴掘ったりとか…


何をやるにしても初めは抵抗があります。ちょっと自分には『無理』じゃないかなと。でも、そう『無理』と感じるところに自分の成長する余地があると思うようにすると、がんばらなきゃという気持ちがわいてきました。はたから見れば傷口に塩をふりかけるような療法です。でも、不器用な自分にはこれが一番効果的なのかも。

『無理』だと感じたことに挑んでいる最中はものすごくしんどいです。ずっと爪先立ちで背伸びをしているといった感じかな。でも、もう少しガマンしてがんばってみれば楽になるかもしれないと、いつも思っていればなんとかなるもの。そしてその苦しみを乗り越えたら、もっといけるかもしれないと欲が出てしまって、さらにがんばってしまう。それを繰り返していくといつの間にか苦手なもの、無理だと感じていたものができるようになっていることに気が付きます。

そんな感じで自分はこれまで小さい頃からやってみたように思います。とりあえず、『得意』にする必要はない、『できない』ことを少しでも『できる』ようにしたいと思ってきました。これからも何か『無理』だなと感じるものをやるにしても、耳かきで掘るような感じでほんのわずかにしか前に進めなくても、ちょっとずつがんばって『できる』に変えていこうと思います。それとあまり『無理』だとか『できない』とか、ネガティブなことも言わないようにしようと。せいぜい言っても、『難しい』ぐらいにとどめようと思います。











なんかエントリーシートに書けそう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月曜日)

今頃になって…

♡風邪ひいた!!



たぶん溜まりに溜まった疲れが一気に出てきたっぽい。

が割れそうなくらい痛い!!




そんな悪いコンディションで会社の選考試験を受けました。ものすごくしんどかったです。でも、大事な試験だったから頭フル稼働で、思った以上に解答できたみたい。

そろそろ選考も本格化してきたので、説明会とかには遅れちゃいけないなぁと思ったので今日は説明会の帰りにようやく時計を買いました。それまでは携帯の時計を見てたけれど、いつ充電切れるかわからないからね。いつ切れるかハラハラしてたし、時間も正確にはあってなかったからほとんど勘で説明会場に行ってました。

明日はいよいよ大本命の会社の説明会があります。万全の状態で行くためにこれから風邪を治します。

薬漬けです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日曜日)

家でゴロゴロ

今日は珍しく何もせずに家でゴロゴロ。

お昼に外に出て、太陽の光を浴びるついでに自転車でどこに行くわけでもなく近所をぶらり。はたから見たら変な人と思われたかも。部屋の中では本を読んだり、音楽を聴いたり、映画を見たり。今日見たのは『エレクトラ』というアクションものの映画。あと一つ、『セブンソード』っていう中国の映画(?)を見ようと思ったけれど、疲れちゃって結局見ませんでした。でも、久しぶりにゆっくりした時間を過ごしてリラックスできたかなぁ。ここのところ、ずっと走り続けてきたような毎日だったから今日のような日があるとものすごく体が癒されます。


♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦


そのほかの時間は、就職関係のこまごましたことをやってました。企業とかからのメールを見たり、採用状況がどうなっているかとか、説明会はやってるんだろうかとか。いろいろな企業を見て説明会をやってたら一応予約を入れてます。たいてい、大阪か東京、たまに横浜でやってるので名古屋に住んでいる僕にとっては、そこまでの移動にお金をずいぶん使うことになります。今日も予約を入れていたら、来月は東京と大阪と横浜に何度も行くことになってしまいました。

夜、お風呂から上がってまたさっきの続きしてたら、いとこから電話がありました。高校の宿題で、漢字の読み方と意味がわからないから教えてくれだって。僕は理系の人間だけれど、少しは漢字は得意なほうだし高校生の漢字くらいだったらわかるかなと思って聞いてあげたら、まったく聞いたことも見たこともないような漢字ばかり。なので、電子辞書片手に何とか調べて教えてあげました。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

ちなみに、明日もまた大阪に行ってきます。コスモスクウェアっていう人工の島っぽいところなんですけど、ちょっと遠そう。結構乗り換えしないといけないみたい。
またぐったり疲れてしまうんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土曜日)

いろいろあった早朝

今日の朝は友達にちょっと怒られる夢を見て、それが夢の中の自分にとってはショックな一言だったみたいらしく、夢の中の自分じゃなくて眠っている自分の心が痛くなって目を覚ましました。

意味わかるかな。

夢の中では友達に、

「話のないように全然、論理性がないよ」

と言われました。なぜかこの一言が、自分にとってはものすごく傷つく一言だったみたい。確かに最近、自分の話している内容とか、ものの考え方とかちゃんと筋道通っているのかものすごく不安です。就活で面接とかあるからそれに対する不安とかもあると思うけど。理系の人間だし、数学も得意だから物事を論理的に考えたりすることも上手いはずなんだけど、いつも自分は直感でものを考えてたりする。論理的に考えることもできるけれど、それやろうとするとものすごく時間かかっちゃいます。社会に出たらそういった論理的に物事考えることが必要になってくるような仕事に就くと思うので、これから意識して訓練してかなければならないなぁ。

そんなたった、夢の中の一言からいろんなこと考えてたら実家から電話。


「UFO見たよ!!」


ものすごく興奮した母親の声に、朝っぱらから元気がいいなぁと少し冷めた心で思いました。さっきまでの憂鬱とはまったく正反対の出来事。「ハイ、ハイ」と返事だけして聞き流しました。で、実家で見たといってるUFOの写メがこれ、





雲がヘビのようにクネクネしてます。どうしてこの雲を見て、

「絶対、UFOだよ!!」

と、うちの親は言い張ったのか疑問に思うところ。まだ光とか移動してたりするんだったら、UFOかもしれないと思うけれど単なる雲だけじゃね。

実際この雲ができた原因というのは、ちょうどその日の朝に鹿児島で打ち上げられたロケットが、発射されて宇宙に上っていくときにできた雲らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのオフ

ほんのしばらく就活から開放されると思ったら、ムショウに夜更かししたくなってしまって…

昨日は朝早くから会社説明会に行って、お昼から2社目。上手いこと時間調整したら、入退場自由な2社目の説明会には思った以上に早く入場することができて午後2時には終了することができました。それからは家に帰ってすぐに私服に着替えて研究室へ。

ここのところ就活の連戦だったのでスーツをクリーニングに出すことができず、臭いとか出てきたらどうしようと不安だったので今日ようやくクリーニングに出すことができてひと安心でした。

ここのところよくクリーニング活用してるなぁと思います。1ヶ月に何回出してるんだろう。とても贅沢な気分です。今まで家で洗濯していた私服のシャツまで出したりして、家で洗濯したときよりも仕上がりがよかったし、そして新品のように真っ白に洗濯してもらえたので、なんか得した気分になりました。

今日は研究室に行ってゆっくりしようと思いきや、最近新しい実験道具が来たので、どうしてもそれを早く使いたくて疲れた体を休めることができずに結局、夜中まで実験をやってしまいました。でも、不思議なことに実験やった後は疲れが全部吹っ飛んでたんですよね。実験やるにもかなり体力がいるというのに不思議でした。


明日も一日休みなんだけど、何しよう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪へ小旅行

大阪行ってきました。

もう体ボロボロ、帰りの電車の中ではぐったりでこのまま家の前まで連れてってくれないかなぁと思うほど。目の疲れからの頭痛がひどくて、頭の中の血管が切れるんじゃないかなと思いました。肩も上がらないくらい凝ってたし、歩きすぎて足も痛い。違う意味で痛々しいなぁと思いました。今日は日にちが変わらないうちにに寝ます。

明日も会社説明会が2件。朝からハードなスケジュールになりそう。それが終わってから研究室に行って研究もやらなければならないし…

とうとうこの僕も学会デビューができそう。しかも2件。学会に出られると思うとガゼンやる気が出てきます。でも、最初の学会の申し込みが就活の最盛期の5月で、たぶん余裕なさそう。しかもそんなに発表できそうな結果も出てないし。

研究はものすごーくやりたいけれど、体が追いついていかない…。どっかで大きな休みを取らないと。今日大阪に行く電車の中で、温泉に行きたいなぁなんて思いました。







名古屋に来てから『奥飛騨』とか行ってみたいなとは思ってました。『奥飛騨』っていう名前が昔からカッコイイなと思ってたし、しかも温泉もあるし。でも、いつものように計画するだけなんだろうなぁ。たぶん、温泉の素がせいぜいってところかなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水曜日)

ヨン様再び

また、ヨン様のドラマが始まるみたいです。

今度のドラマは50数億円かけて作るみたいです。これを朝のニュースで聞いたとき、一体その50数億円のうち、日本のおばちゃんたちが使ったお金は何パーセントになるんだろうと思いました。たぶん50数億円のほとんどはジャパニーズマネーだと思います。そのジャパニーズマネーに、うちの親のお金も、ものすごーーーーくわずかだけど入ってることは間違いないです。


また新しいドラマが始まったら、雑誌とか本とか買いまくったり、録画しまくったりするんだろうなぁ。そしてそれを僕と妹でサポートしなければならないんだろうなぁと思いました。

この前正月に帰ったときもHDDに録りだめされていたヨン様関連の番組の編集をさせられて、一枚のDVDにするように言われました。録りだめされていたのは、ほとんどがワイドショーで放送されてたものばかり。中にはほんの数秒しか録画されていないものがあって、よくそんな短い時間だけを狙って録画できたもんだなぁと感心しました。


でも、まぁ、年をとってから何にも興味がなくてただ毎日を過ごしているよりかは、何か熱中するものがあったほうが生活にハリが出ていつまでも若々しくいられううだろうなとは思います。ただ、その熱中するものというものが問題かなぁ。
 

☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎

話は変わって、もうすぐ女子のフィギュアスケートが始まります。見たい気もするけれど、こういう競技のものは失敗した姿を見るのがとても怖くて、たとえ見たとしてもパチパチと何回もチャンネルを変えながら断片的にしか見ないようにしてます。ジャンプ後の着地が一番怖いです。


☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎☎

あと、明日は会社説明会で大阪まで行きます。名古屋から新大阪までの短い電車旅行を天気が良かったら好きな音楽を聴きながら、車窓からの風景を楽しみながら日ごろの疲れを癒そうかなと思います。

何しろ、今日は文字通り、忙しさのあまり心をなくして英会話に行くことをすっかり忘れてました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工場見学のお誘い

昨日は大学内にいろんな企業の方がいらっしゃって、説明会を開いていただきました。

ちょうど数日前に、この説明会にいらっしゃる企業の資料が頼んでもいないのに送られてきたんですけど、少し読んだらなにやらおもしろいことをやっている様子。とても興味がわ
たので直接企業の方とお話をさせていただくことに決めました。


その企業というのは、大手電器メーカーグループの中で家庭から地球全体までの環境保全を対象に研究・開発を行って、世の中に製品を送り出しているという企業。


説明会が始まった直後に僕は会場に行ったんですが、外は雨が降っているせいか人はまばらでした。その企業の方が待っていらっしゃるブースへ行ったところ、まだ学生は誰も来ていなくて数人の企業の方を独り占めしてお話しをさせていただくことができました。企業の方のお話では、その企業はグループの中でもトップの業績を収めているとか。とても有名な企業でもあったので、てっきりよくテレビで宣伝している商品が売れているんだろうなと思ってたので意外でした。


企業の方とお話をする前に、自分が今日どうしてここに来たのかという理由を話して、自分がその会社に就職したら今もっているスキルでどのように貢献できるかとか、どういう仕事をやってみたいかとかを話の中で少しずつアピールしていったら、企業の方にはとても好評をいただいて、ぜひうちに推薦状を持って来てくれと言ってもらいました。また、一番偉そうな人とずっと話をしていたんですが、僕の出身を見て同じ九州人であることがわかってからは九州話で盛り上がりました。その方には、

「君だったらすぐに工場長にまでなれるから、佐世保に工場作ってみたら?」

とか言われて、僕のこと期待してくれてるのかな、それとも、ただ単におだてているのかなと疑問に思いました。でもどっちにしろ、これまで僕が磨いてきた技術を評価してもらえたのでうれしかったし、今までの努力が無駄じゃなかったなとも思えました。


『努力は実る』 (←これは浪人してた頃の予備校の校訓です)

結局後から考えると、説明会じゃなくて面接だったなという気がしました。話をしている途中も背筋を伸ばして背もたれに寄りかからなかったし、ちゃんと社員の方の顔を見て目配せも忘れなかったし、面接本番もこのくらい緊張せずにできたらどこにでもいけるんじゃないかなぁという気がしました。


話をさせていただいてもすごい手ごたえみたいなもを感じて、この企業に就職できそうな気がしました。でも、世の中はそんなに甘くないです。油断した心にいつも災いはつきもの。どんな企業であっても企業研究をしっかりして自己分析を行って望まなければと改めて思いました。


最後に企業の方に名刺をいただいたところ、ずっとお話をさせていただいた方が人事のトップの方だったことにも驚いたけれど、いきなり、

「今週暇ある?」

と聞かれてさらに驚いて、とまどいながらも

「あいにく今週は予定がありますが、○日でしたら大丈夫です」

と答えたところ、

「お金出すからうちの工場に見学に来て、君がやりたいと言っている仕事をしている社員とも会わせてあげるから」

と言われました。


これまでいろんな説明会に行ってきたけれど、工場を見学させてくれる企業はほとんどなかったし、あったとしてもものすごく遠いところの会社でした。今回はちょうど本社が愛知県内にあるということで、自分にとっても行きやすいし、興味のあるお仕事を間近に見て、さらに社員の方ともお話をする機会もあるということでとてもいいチャンスだと思います。


なので、もちろん行ってきます。その前に、企業研究もしっかりやろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日曜日)

自己分析中

今日はなんだかのんびり。


ホントはいっぱい、やらなければならないことはあるんだけれど。久々に午前中は買い物に行って本屋さんやCD屋さんに行ってのんびり。天気はちょっと悪いけれど少し冷たい風に当たって、気持ちよかった。布団のシーツも洗って今、干してます。空は曇っているけれど。


✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽


最近、『痛々しい』といわれて自分の生活を考え直してみました。友達にはいい誉め言葉だといわれました。自分もそうは思います。でも、『痛々しい』と人に思わせてしまうことであんまりみんなとは仲良くなることはできないんじゃないかなと思いました。これまでも今もこれからも。

もっとファジーに生きなければならないなぁ。きっと今の自分にも気を許したところ、柔らかい部分はあると思うけれどなかなかそれを上手く表現できない。できたとしてもそれを見せるのも恥ずかしい。それで結局痛々しいような様子をみんなには見せてしまっているんだろうなぁ。

そんな自分を親戚の小さな子どもたちは目標にしてくれてるみたいです。そんなことを親から聞かされて少しうれしかったし、恥ずかしくもあった。僕みたいにロケットの勉強したいとか、パソコンで設計したいとか。たとえ小さな子どもでもしっかりと周りの大人を見ているんだなと気づかされました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの料理

ここ最近いい天気が続いてます。もうすぐ寒さも終わりになりそう。





昨日は先輩方の修論の発表があって、夜からは先輩方のお見送りパーティーということで、その準備のため同じ研究室の友達と歩いて日ざしが暖かい中をスーパーまで歩いていきました。歩きながらも、これで4月からは僕らが最上級生になるんだなぁとか、あと1年で卒業かぁ(たぶん…)なんてしみじみ思いました。友達とも4月からの研究室はどうなるとか、就職のこととかいろいろ話しながら歩いていきました。


パーティーじゃ僕が料理を一品作ることになって、料理が得意とか言ったっけ?、と思いながらも普段一人暮らしでたまに作っている得意料理を振舞うことにしました。


鯛を一匹丸ごと昆布で包んで、さらにそれを粗塩で包み固めてオーブンで焼くという豪快な料理。男の一人暮らしだから作業が少なくて簡単な料理ということでこの料理はよくやってます。料理に名前をつけていなかったけど、みんなは

塩釜焼き

といってたのでこれからそう呼ぶことにします。

使う魚もそうだけど、塩も大量に使うのでとても値段の高い一品です。昨日は普段の何倍も大きな鯛を使って、塩も3袋ぐらい使ってそこの深いフライパンからはみ出るほど固めた塩の中で、でかい鯛を蒸しました。

弱火で1時間半くらい。はっきり言って、いつになったら煮えきるのかまったくわからなかったので、いいにおいがしてくるまで待ちました。自分が作る料理はいつも偶然の産物だと思ってます。昨日は食べる相手が相手だけに火を止めるタイミングには慎重でした。

パーティー会場でガチガチになった塩の塊を叩き割ったらいい感じで鯛が煮えてました。自分が先に毒味をしたら塩がいい感じにしみこんでいて成功だとほっとしました。肉を食べることができない留学生の方にも好評でたくさん食べてもらえました。みんな何も好評で料理がうまいねとも言ってもらえました。でも、冷静に考えると僕はあんまり何も手を加えてないんだけどね。昨日のはきっと素材の味がよかったのだろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木曜日)

○春○製薬のように…

今日の会社説明会は、会場があまり行ったことのないところで場所もよくわからなかったのでかなり迷った。

大体の方向に向かって歩いていたらまったく逆の方向に結構歩いていることに気づいて、そこから開始時間ぎりぎりにようやく目的地に着きました。

久しぶりに歩いたなぁ~。おかげでいい運動になったけれど、余計に疲れが倍増してしまった。うちに帰って御飯食べたらあまりの疲れに眠ってしまい、今ようやく動き出したところ。

あぁ~体がだるい~。こんなときよく思い出すのは、○春○製薬のCM(わかるかなぁ)。

毎日、化粧品なんかを製造している機械を一つ一つの部品にまで分解して、きれいに洗ってまた組み直して化粧品を作ってるんですよとアピールするCMなんですけど。僕も、できることならば体の中まですみずみ、きれいにしてもらいたいなとよく思います。それができたらかなり疲れも取れるんじゃないかと。

あっ、でもこの会社はホントはそんなことやってないらしいです。そこに勤めている人から聞きました。


♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠♠



明日はようやくAmazonで注文しておいたCDがやってきます。最近、何もいい曲聞いてなかったのでいい気分転換になるのかなぁと思ってます。AmazonさんにはよくCDを注文してます。年間いくら使ってるんだろう?かなりAmazonさんの利益には貢献してるはず。時々、こんなに買ってるんだから何かサービスしてほしいなと思ったり。でも、AmazonさんにもかなりのマイナーなCDを注文したりして何ヶ月も探してもらったりして迷惑もかけているけれど。

明日来る予定なのは、フレンチポップスのCD。歌手の人はあまり知らないけれど、とても気に入った曲があったので買いました。聞いても何言ってんのかわからないけれど、メロディーが心地よくて、明日は何回も同じ曲聞こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水曜日)

ジコピー

最近は毎日、就活三昧。

企業からの膨大なメールを処理して、さらに興味のある企業の研究。だんだんエントリーシートの提出を要求してくる企業も増えてきたので、自己分析ももっと深くやらなければならない。ここのところ、自己PRを見直していたら自分は何をPRしたらいいんだろうと悩んでいました。自分の目指しているのは航空宇宙機メーカーがほとんど。なので、その企業に入社したらどういった場面で今、自分が持っている技術を発揮できるかをメインに自己PRしていくつもりでした。


でも、練習で受けるような企業はそんなメーカーばかりとは限らず、そういった企業にベストな形の自己PRを考えるのに一番苦労しています。今日はある企業に書いた自己PR文と自分の長所・短所について、友達に見てもらって添削してもらいました。じっくり見てもらって、自分の自己PRのいいところを誉めてもらったり、よくないところを指摘してもらってとてもありがたいなと思いました。今日は、少し手も加えてもらって自分の自己PRがいいものに変わったのを読んで、ちょっと涙が出そうなくらい感動しました。ここのところ少し落ち込みがちだったので友達に励まされたりすると、今日みたいに胸が熱くなります。いい友達に恵まれた…


今日は少し恥ずかしくて、上手く気持ちを表せなかったけど、ありがとう

今の自分にはとても心強い友達ばかり。みんな就活に対するモチベーションというか、意欲がものすごく高くて大手企業に限らず、自分の居場所とも言うべき企業を積極的に探しているような人ばかり。本当ならば、僕も含めて友達もある程度、恵まれた環境にあってそんなに就職活動をする必要ない、というか研究で忙しくて到底、就活はできないはずなのに…


そんな友達に囲まれて、僕は時々ものすごい焦りを感じるけれど自分もみんなに負けてはいられないと就活に励むのでした。今日、添削してもらった友達はそんな中の一人。win-winの関係といって、自分の持っている情報とかを、お互いに交換し合ったりして共有する間柄というのかなぁ、でも僕はいつも何かをもらうばかり。その友達について回っていろんな物をもらったり、いいところを盗んだり見習ったりしているような気がする。そろそろ自分もどこか誰も知っている人のいないところに新たなつながりを見つけて、新たな交友関係を築いていかなければいけないなぁと最近はよく思います。


このBLOGもそのひとつ。ここで顔すら知らない人と出会うことができるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も相変わらず…

今日も相変わらずの一日。


今日は四年生の卒業論文の発表ということで、後輩の勇姿を見届けに、発表会に参加してきました。これでしばらくは研究室も静かになるなと思うと、少し寂しい気もしたりして…

発表会が終わったらある会社の説明会に直行でした。あんまり志望はしていないけれど、ちょっと覗いてる見るつもりで行ってきました。説明会の最初のほうは、やっぱり疲れているせいか、ウトウトとしてしまって書いている字もぐちゃぐちゃになってました。

説明会が終わったあと、この際、外に出たついでに研究で必要なものを買うためにオートバックスに行こうと思いました。スーツ姿でオートバックスなんておかしいだろうなぁと思いながらも、地下鉄でまだ見知らぬ駅まで行ってきました。外はすでに真っ黒、しかも雨まで降ってきて一体自分は何をやってるんだろうと、ものすごい孤独感を味わいました。お店に行ったら行ったで、欲しいものがなくて結局の無駄足。店員さんに聞いてもまったく理解してくれず…


あぁ、もう最悪!!


ちっともいいことない!!

そんなこんなでふてくされて帰ろうとして地下鉄の駅から家までの道をとぼとぼと歩いて帰っていたら、ある店の前で急にあることを思い出しました。


【GEOS】


あっ、今日は英会話に行く日だった!!


いろんなことに振り回されていて、すっかり英会話に行くのを忘れてました。気が付いたのは開始5分前。ものすごいいいタイミングで思い出したなぁと思いました。ホントは休もうかなぁと思っていたけれど、英語でもしゃべって気分を晴らそうと思ってテキストも持たずに行きました。今日は他のみんなは忙しかったみたいで生徒は僕一人。おかげでずっと先生を独り占めで、さらに一人でしゃべっていなければならなかったのでいい練習ができたなぁと思いました。

帰りには、今日はバレンタインデーということで先生からグリーティングカードとチョコレートをもらいました。初めて金髪の女の人からチョコレートをもらって、ものすごくうれしかった!!最近、いいことなかったこともあってか、


生きててよかった!!


そう大げさに思いました。





そういえば、去年、妹からもらったバレンタインデーのチョコレートが机の上に置きっぱになってたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日曜日)

やりすぎ?

東京から帰ってきてから体の調子が悪かとです!!


やっぱり慣れない夜行バスに乗って生活のリズムが壊れてしまったからなのかも。バスの中じゃまったく眠れずに、そのまま朝までずっと起きてました。しかも、その日は3社も会社をはしごして、ようやく名古屋に帰ろうとした頃にはもう夜の9時。さすがに帰りも夜行バスに乗ると、体が壊れてしまうと思い、泣く泣く新幹線で帰ることにしました。


名古屋に着いたらもう12時、不眠症の僕でさえもその日のスケジュールは体に相当こたえたみたいで、うちに帰るなり就寝。そして、めったにないことに、夕方5時まで眠ってしまったので、時間を無駄にしてしまったというものすごい喪失感に襲われました。ただでさえ遅れていた研究をその日はがんばろうと思っていたのに、自分はなんて怠け者なんだろうと思ったので、すぐに夕方から研究室にいって次の日までずっと研究しようと、自分に鞭を打って行くことにしました。


そんな気持ちで学校に行ったのが幸運を招いたのか、なんと偶然にも自分の第1志望の企業に勤めていらっしゃる研究室の先輩がいらっしゃっていて、いろいろとお話を聞くことができたし、自分のことをアピールすることができました。先輩には少し興味を持っていただいたみたい。人事の方にもお話していただけるようなことを言われて、他の先輩にも


もう就活しなくていいじゃん、おめでとう


と言われたたけど、世の中そんなに甘くはないと思ってあまり期待せずにこれからもバリ
バリ就活をがんばろうと思ったのでした。


そんなこともありで、一番気になったのは後輩の卒業論文と卒研の発表。就活でほったらかしにしたままだったけど、何とか間に合ったみたいでした。後は卒研の発表だけで、参考になるかと思って去年僕が発表した資料を見せてあげたり、後は資料に載せる図を一緒に作ったりして結局、そのまま朝を迎えたのでした。図のほうは自分のほうが乗り気で後輩そっちのけで作っていて、やりながら、自分はつくづくおせっかいだなぁと思いました。



そんなこんなで、本来の予定の自分の研究はほとんどすることのないまま、今日記を書いていて、さらにこれまでの無理が体に響いて全身が痛い…

頑張りすぎなのかなぁ…




時々ボーっとして、最近ほとんど楽しみがないなぁとしみじみ思いました。何を見てもおもしろいとか、楽しいとか思えなくなってきています。
病気です。


なんかいいことないかぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土曜日)

帰ってきました

日記を書こうと思ったけれど、ものすごーーーーーーく、疲れたので、

ここで力尽きました…






とりあえず、自分の作ったミニチュアカーの成型モデルは確保して帰ってきました。

近々、公開の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水曜日)

交流

今日の企業の方との懇親には修士の学生に限らず、学部3年生も何人か来ていました。彼らを見ると、ちょうど2年前の自分の姿を思い出しました。

あの頃はほんの興味程度で行ったつもりが、いきなり面接の練習だといって自己PRをさせられたときには、かなりビックリさせられました。

本気で就活をやってたつもりではなかったので自己分析とかあまりやってなくて、即興で自己PRしたところ、これが企業の方に好評で、修士の方にもすごいねと誉められたものでした。

自分はかなりできるなとその時自信がついたけれど、その後にも何回か同じような状況に出会ったときにはまったくしゃべれずにあたふたしてしまって、また調子に乗りすぎてたなと深く反省しました。


いつも謙虚な気持ちでいよ…


今日、出会った学部生は、もしかしたら4月から僕の研究室に配属されるかもしれないと思っていろいろと話しかけてみました。就職のこととか、研究室の選び方とかいろいろと相談に乗って自分なりのアドバイスはしてみたけれどどうだったかな。自分も学部生の頃に同じように修士の先輩に相談に乗ってもらって、とてもためになったのでその伝統を引き継ぐつもりでやってみたけれど…


やっぱり、学部生の話を聞いたらうちの研究室は大人気みたいでした。何しろ、うちの研究室の教授はものすごい人だからね。学部生もその教授に特別なオーラを感じると言ってました。そんなすごい先生のもとで研究やってるんだからもっとがんばらなければと改めて思い直しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月曜日)

新たなる目標

大学入学以来の目標「FE」の取得を達成して、一息といったところにまた新たなる目標を見つけました。

「TOPGUN」

というものです。これは僕が以前、習っていたCATIAという3次元設計ソフトの世界一を決めるというコンテストらしいです。ここで、じいちゃんの「人に負けっつもんかという意地を持て」が発動しました。自分の実力を試せる場があると知ったからにはそれに挑戦せずにはいられません。

このコンテストは、この前インターンシップでお世話になった企業の方に懇親会の場で教えてもらったばかりなのでどんなものかはまったくわかりません。ですが、とても興味があるのでこれから調べようと思います。どうやら、このコンテストの優勝経験者がお世話になった企業にいらっしゃったみたいで、そんなすごい会社で働かせてもらえたなんて光栄だなと思います。

とにかく、この「TOPGUN」というネーミングに惹かれました。ものすごくかっこいい!!
どうせ習ったんだから、中途半端で終わらせるより頂点を極めたいと思いました。まだ、設計者としてはほんの駆け出しで将来はどんな道に進むのかまだわかりませんが、いつの日かこれに挑戦して優勝したいなんてとっさに思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土曜日)

先輩来る

今日は寒い寒いと思ってたら道路の水たまりに氷が張ってた。
大人げもなく、つま先で氷の上を突っついたり、踏んだりして一人遊んでました。

今日は、研究室を卒業された先輩が遊びに来られました。ちょうど先輩が働いていらっしゃる会社が僕の志望する会社でもあったので、いろいろとお話を聞かせていただきました。その先輩は今、宇宙ステーションのモジュールを造っていらっしゃるそうです。それ聞いただけでも、めっちゃかっこいい!!あ~、自分もそんなかっこいい仕事したいなぁとしみじみと思いました。やっぱり宇宙の仕事は大変そうでした。それに日本の宇宙産業にはあんまり開発とかやるだけのお金がないらしくって、お金がない、お金がないと言っていらっしゃいました。

今日、お話をうかがって自分の行きたい企業がほぼ決まった感じです。その企業は、僕の人生において最もつながりの深い企業だと以前から思ってました。まだ、その会社には就職したわけではないですけど、とても運命的なものを感じています。
詳しいことはいつか、この日記で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

執念で得たもの

今日は一日中あることでパソコンの画面をにらみ続けていました。はたから見れば、株でもやっているのだろうかと思うほどじゃなかったかと思います。

今月9日から10日にかけて、ある企業の説明会に参加するためにひたたび上京します。たった1社の企業説明会のために高いお金使って東京に行くのかと思うと、なんだか損した気分になって行くのやめようかなと思っていました。ところが、偶然にも志望度の高い企業の説明会が同じく東京で、しかも参加できそうないい時間帯あるということを知ったので、いいチャンスだと思って早速予約をすることに。ところが、情報を仕入れるのが遅かったためかすでに満員で締め切られていて、キャンセル待ちの状態でした。キャンセル待ちといっても、いつ席が空くのかわからない状態で、全国の学生とほんのわずかな席を奪い合わなければならないので、到底参加することは無理だろうなと思っていました。でも、とにかく1社だけのために上京するのは嫌だったので、なんとしても予約を勝ち取ろうと思って、ネット上の予約画面をじっと見ていたのでした。

何回もその企業のサイトを開いては予約画面上で、何十分かおきに更新ボタンを押しまくって、予約ができるようになってないか確認しました。だけど、一向に予約できそうにない。できたと思っても、他の日にち、時間帯であったりとなかなか自分の希望する時間が空きませんでした。

もういいかなと思ったやさき、ようやく予約可能になったのですぐさま予約を完了しました。思い返すと、自分はなかなか執念深いなと。普段はあまりそんなこともなく回りに流されるような感じだと思うですけど、ここまでやるとは思いませんでした。それだけ、その企業への志望度が高いのかも。せっかく参加できるようになった説明会ではいい収穫を得て帰ってきたいと思います。

9日は初めて夜行バスなるもので上京します。バスの中で一夜過ごして、朝6時には最初の説明会がある横浜に到着します。そこから数時間、朝っぱらから説明会が始まるまで何をしようかと今、途方に暮れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分の思い出

今日は節分でしたね~。

毎年、節分になるといつも思い出すのは、子どもの頃の我が家の節分事情。僕の実家では、節分の日には豆だけじゃなくて、お菓子とお金も一緒にまいてました。お菓子とお金をまくんだから当然、外にはまきません。座敷に一家全員が集まって、部屋を暗くした中で両親が豆とお菓子とお金をまいて、それを僕と妹で争って必死で拾うといったことをやってました。あんまり必死になってやってたもんだから、ふすまとか破ったかな。こんな壮絶な家庭にはきっと鬼も恐れをなして、寄りつかなかっただろうね。

ところで何でこんな節分になったんだろうと思うだろうけど、両親が言うには、思い出作りのためだそうです。確かに、こんなインパクトのある行事は今になっても忘れることができないです。なかなかうちの親も考えたなと思います。ちなみにこの行事は、母親の家で昔からやっていたことらしい。それを母親が引き継いで僕らが子どもの頃にやったというわけです。こんな楽しい行事は、ここで終わらせるわけにはいかないと思うので、できれば、この奇祭を次の代にも残したいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金曜日)

納得いかない事

今日はインターンシップで毎日着ていたスーツをクリーニングに出しました。ついでにネクタイも2本。
スーツは850円で、ネクタイは730円くらい。
どういうこと?
ネクタイ2本とスーツのクリーニング代が100円くらいの差しかないなんて信じられないです。シャツは100円ちょっとなんだから、ネクタイなんて100円未満じゃないのかな。どうも納得がいかないなと一日中、考えてました。



今はインターンシップでお世話になった企業の方々にお礼状を書いています。インターンシップが終わって2日経ってしまい、若干遅いと思うんですが、礼儀はちゃんと通しておこうと思って。だけど、形式的な挨拶とか敬語とか考えなければならないので、なかなか伝えたいことがかけなくて苦戦しています。
伝えたいことはたくさんあるんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水曜日)

インターンシップ5日目(最終日)

インターンシップ5日目。とうとう最終日。

今日は一日のほとんどを自分がモデリングしたミニチュアカーの製作プレゼンの準備に追われました。

プレゼンを聞きにいらっしゃるのは、お世話になっている企業の社長さんや役員クラスの人、数名と人事部の人たちだと聞いていたのでかなり緊張したプレゼンになるんだろうと少し不安でした。発表用の資料は、まず自分が製作した車のコンセプトの説明から入って、セールスポイント、工夫した点といった順序で、これをまた3分以内に収めなければなりませんでした。3分くらいだったら、普段、大学で何十分もプレゼンさせられてるので実際問題は、たやすいものなんだろうけど、聞いてる相手が相手だけに何か下手をすると将来の採用にも響くんじゃないかと内心ひやひやした気持ちでした。

資料が作り終わって、一度リハーサルをしたけれど意外にも話したいことがありすぎて1分くらいオーバーしてしまいました。でも、オーバーするほど話したいことがあるのは、それだけこのミニチュアカーに情熱を入れ込んで作ったからなんだろうなと。リハを聴いていただいた人事の人にそのあといろいろ、ご指摘を受けて資料の修正をしたらいよいよ本番。でかくて東京の夜景を見わたせるとても素敵な会議室に通されて、僕らが座っているテーブルの反対側にはお偉い方々が並んで座れれました。一気に雰囲気が張り詰めた感じでした。

発表の順番を人事の方に告げられて、僕は一番最後。何かまた、ユニークなことしたいと思ったけれど、思いつく余裕もなく自分の番がやってきました。発表では、聞いてくださっている人に目配りするのを忘れないことはもちろん、身振り手振りを取ってプレゼンをやりこなしました。でも、結局3分をオーバーしてしまいましたけど。質疑応答では僕がわざわざ名古屋から東京までインターンシップに参加した理由とかを聞かれて、緊張しながらアピールも忘れずに答えることができました。

そのあとは懇親会もあったけど、僕がその次の日に会社説明会があって、その日のうちに名古屋に帰らなければならないということで若干早めの打ち上げになりました。結局、他のインターンシップ生とはあまり仲良くできた感がなくて残念だったけど、僕のできたての名刺を交換して急いで名古屋に帰ることにしました。帰りには人事の方に入社を期待しているようなことをほのめかされたような気がして内心、「ヤッター」と思ったけれど気のせいだったかな。世の中そんなに甘くないかな。

名古屋に帰るために慌てて新幹線に乗り込んだので、研究室のみんなへのお土産を買うのをすっかり忘れてました。また、そのうち東京にも行くし、大阪にも行くだろうからそのときでいいかなと自分で納得。帰りの新幹線の中では、大変だったけどホントにインターンシップに参加してよかった。自分自身がこの数日間でものすごく成長することができた。そんな自分をこれからもっといろんな人と出会って試していきたい、もっと磨いていきたいという気持ちでワクワクしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきました

名古屋に帰ってきました。

ポストには企業からのメールがどっさり、パソコンにもメールがどっさり。今日はもう苦しいので、全部放棄して寝ます。でも一つだけ気になるものが。去年の10月末に受けたFEというアメリカの工業基礎能力検定試験の結果が来てました。結果は、


「合格」


でした。合格の証明として、ピラピラの免許証みたいなものが渡されました。何万円もかかって受験したのに、たったこれだけ?そんな感じでした。しかも、合格したはいいけど果たしてこれってなんか役に立つのかなと、今になって疑問に思ってきました。もともと、FE=ファンダメンタルズ オブ エンジニアリングという名前がカッコイイと思ったので受けたんですけど、これ持ってるとグローバルに活躍できるエンジニアになれるとか本で読んだことあったかな。でも、ちょっとだまされた感もあるような、ないような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »