« 帰ってきました | トップページ | 納得いかない事 »

2006年2月 1日 (水曜日)

インターンシップ5日目(最終日)

インターンシップ5日目。とうとう最終日。

今日は一日のほとんどを自分がモデリングしたミニチュアカーの製作プレゼンの準備に追われました。

プレゼンを聞きにいらっしゃるのは、お世話になっている企業の社長さんや役員クラスの人、数名と人事部の人たちだと聞いていたのでかなり緊張したプレゼンになるんだろうと少し不安でした。発表用の資料は、まず自分が製作した車のコンセプトの説明から入って、セールスポイント、工夫した点といった順序で、これをまた3分以内に収めなければなりませんでした。3分くらいだったら、普段、大学で何十分もプレゼンさせられてるので実際問題は、たやすいものなんだろうけど、聞いてる相手が相手だけに何か下手をすると将来の採用にも響くんじゃないかと内心ひやひやした気持ちでした。

資料が作り終わって、一度リハーサルをしたけれど意外にも話したいことがありすぎて1分くらいオーバーしてしまいました。でも、オーバーするほど話したいことがあるのは、それだけこのミニチュアカーに情熱を入れ込んで作ったからなんだろうなと。リハを聴いていただいた人事の人にそのあといろいろ、ご指摘を受けて資料の修正をしたらいよいよ本番。でかくて東京の夜景を見わたせるとても素敵な会議室に通されて、僕らが座っているテーブルの反対側にはお偉い方々が並んで座れれました。一気に雰囲気が張り詰めた感じでした。

発表の順番を人事の方に告げられて、僕は一番最後。何かまた、ユニークなことしたいと思ったけれど、思いつく余裕もなく自分の番がやってきました。発表では、聞いてくださっている人に目配りするのを忘れないことはもちろん、身振り手振りを取ってプレゼンをやりこなしました。でも、結局3分をオーバーしてしまいましたけど。質疑応答では僕がわざわざ名古屋から東京までインターンシップに参加した理由とかを聞かれて、緊張しながらアピールも忘れずに答えることができました。

そのあとは懇親会もあったけど、僕がその次の日に会社説明会があって、その日のうちに名古屋に帰らなければならないということで若干早めの打ち上げになりました。結局、他のインターンシップ生とはあまり仲良くできた感がなくて残念だったけど、僕のできたての名刺を交換して急いで名古屋に帰ることにしました。帰りには人事の方に入社を期待しているようなことをほのめかされたような気がして内心、「ヤッター」と思ったけれど気のせいだったかな。世の中そんなに甘くないかな。

名古屋に帰るために慌てて新幹線に乗り込んだので、研究室のみんなへのお土産を買うのをすっかり忘れてました。また、そのうち東京にも行くし、大阪にも行くだろうからそのときでいいかなと自分で納得。帰りの新幹線の中では、大変だったけどホントにインターンシップに参加してよかった。自分自身がこの数日間でものすごく成長することができた。そんな自分をこれからもっといろんな人と出会って試していきたい、もっと磨いていきたいという気持ちでワクワクしていました。

|

« 帰ってきました | トップページ | 納得いかない事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23922/582111

この記事へのトラックバック一覧です: インターンシップ5日目(最終日):

« 帰ってきました | トップページ | 納得いかない事 »