« インターンシップ2日目 | トップページ | つかの間の土曜日 »

2006年1月28日 (土曜日)

インターンシップ3日目

インターンシップ3日目。

今日は前日デザインを煮詰めて、2次元で設計したミニカーをパソコンで3次元のモデルにする作業を行いました。今日はそれにずっとかかりっきり、ずっとパソコンのにらめっこでした。パソコンでモデリングしながらいろいろと修正したりして、結構、簡単にできそうだと思っていたけれどなかなか上手くいかず。日本男児カーはなかなかの頑固者で、作りづらいです。

1日の終わりには恒例の3分間スピーチ。もう、あっという間に今日でインターンシップも折り返し。人前で、しかも即興でスピーチするなんてないから、今じゃこの3分間スピーチも自分のため、就職活動の面接対策にもなるなとありがたく思うし、楽しみにもなっている。今日のテーマは「人生で一番感動したこと」について。僕はすぐには感動したことが思い浮かばなかったので、映画を見て生まれて初めて泣いたことについて話をしました。僕が初めて泣いた映画は『グラディエーター』という映画。この映画を見たのは、人生で最もつらかった浪人時代のころ。厳しくて行き先不安な大学受験に挑んでいた背景もあって、この映画の主人公と自分自身を重ね合わせてしまい、感情移入しすぎたあまり泣いてしまったのでした。そんな話をちょっとしたジョークを織り交ぜて笑いを取りつつ、人事の方3人とインターンシップ生2人を前にしてスピーチをしたら、意外にも人事の人からは良かったとお褒めの言葉をいただきました。時間も2分30秒ぐらいだったかな、あと少しで3分いくところだったので惜しかったです。

帰りには同じ学生の女の子からも上手だねと言われて少し浮かれて、いい気分のまま新宿の夜を楽しみに行きました。このインターンシップを通して自分がかなり成長してきたなっということを実感することが多かった。以前の自分だったら3分間スピーチなんて緊張しすぎて何にも言葉でなかったと思う。そんな自分を克服できたのも、友達のおかげ。友達に誘われたり、紹介されたりしていろんな人に出会っていろんなことを経験したからだと思う。それと、ブログとかで自分の考えていること物事に対する思いをアウトプットしてきたことで自分の中でいろんなことが整理されて、話しやすくなっているんじゃないかなと思いました。とにかく、今まで自分が挑戦してきたこと、やってきたことが最近なやって見える形で、感じる形で身を結んできていると思いました。

|

« インターンシップ2日目 | トップページ | つかの間の土曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/23922/534908

この記事へのトラックバック一覧です: インターンシップ3日目:

« インターンシップ2日目 | トップページ | つかの間の土曜日 »